YouTubeの再生回数を急上昇させるVSEO「5つの方法」

YouTube再生回数を急上昇させるVSEO
5つの方法と3つの集客方法

YouTubeに動画をアップして売り上げを上げたいという方はとても多く、実際に動画をアップして集客に成功している事業者や店舗(ショップ経営者)は年々増加する傾向にあります。その一方で、どのような動画をどのようにして作れば良いのか分からない!』と悩んでいる人も多いというのが実情ではないでしょうか。YouTubeは様々な分野において、とてもに重要なPRの場になっています。ですから、YouTubeを集客に有効活用できないというのは、大きく損をしているといってもいいでしょう。

この記事では、「YouTubeで集客をしたいが、具体的なその手法がよく分からない!」と悩んでいる皆さんのために、YouTubeでグッと再生回数を上げていく動画をアップしていく秘訣をはじめ、YouTubeにアップした動画コンテンツを利用した「上手い集客方法」について記していきます。

これを知っていればYouTube集客は誰でもできる!

YouTubeに動画をアップして集客するのは難しそうだと考えている人はたくさんいます。しかし、実際はというと、思っているほどそんなに難しいものではありません。YouTube集客のコツをわかっていないだけのことです。それさえ理解することができれば、誰にでもYouTube集客を可能にすることができるのです。

では、この「YouTube集客は難しそう!」という考えを払拭させるためのロジックを順を追って見ていくことにしましょう。

1. YouTube動画制作は簡単

いざYouTubeの動画を作ってみようとすると「結構難しそうだよね・・・」であったり、「特別な技術や機材が必要じゃないか」、「専門の業者にお願いした方が良いのでは?」と思っている人もおおく存在します。しかし、YouTube動画の制作において、そこまでの機材や技術的スキルなどは必要ありません。今では撮影自体スマホのカメラで十分。また編集作業自体も専用のアプリを使えば初心者の方でも思った以上に簡単に作れていまいます。

もちろん、クオリティの高いテクニカル的な編集動画であることに越したことはありませんが、YouTubeの視聴者は、画的クオリティよりも、動画コンテンツの内容そのものに「自分にとっての価値を与えてくれる動画」に関心を寄せているからです。ですから「自分に動画なんて作れるのかしら?」なんて気後れする必要は一切ありません。

2. 「再生回数を稼ぐ動画を作る秘訣」が成功の素

再生回数を稼ぐ動画というのは、先に記したように、クオリティの高いテクニカル的な編集動画に比重を置くのではなく、それよりももっと大切なのは「多くの視聴者の心を掴む動画」であるということです。

つまり、「再生回数を稼ぐ動画」を作る秘訣を理解できているかどうかということが、YouTube集客の成功の素となるのです。どれでは、その成功の素とは一体何なのかを見ていくことにしましょう。

YouTube動画の再生回数を稼ぐ5つの方法

では、ここからYouTubeで再生回数を稼出いくための動画を作る秘訣を5つのポイントとしてお伝えしていきましょう。この5つのポイントは視聴者にあなたの動画を視聴してもらうためのとても大切な要素になりますので、よく理解しておくようにしてくださいね。

1.視聴者が求めるテーマ選び

一つ目のポイントは、「視聴者が求めるテーマを選ぶ」ということです。ほぼ全ての視聴者というのは始めからから自分が見たい動画のジャンルというのは決まっているといっても良いでしょう。つまり、視聴者は自分が視聴したいジャンルを検索して動画を視聴しているということを理解しておきましょう。例を挙げると、肥満の解消方法を探している視聴者は、最初からダイエット方法など痩せるためのハウツーに焦点をあてた動画を検索し探しています。

要するにYouTube集客で再生回数を稼ぐためには、視聴ターゲットが求めているジャンルやテーマで動画を制作して、動画検索の時に使われるキーワードにひっかかるようにタグ設定して動画をアップしていく必要があります。

このことから動画を制作する前に、必ずターゲットとなる視聴者がYouTubeでどのような動画を見たいと考えているのかをキーワード、サジェストキーワード調査をしていくことが重要な工程となってきます。これらキーワード調査、サジェストキーワード調査では、視聴者が検索に使いそうなキーワードが何なのかを把握していく工程です。

2.冒頭10秒で視聴者の心を掴む

二つ目のポイントは、「冒頭10秒で視聴者の心を攫む」ようにすることです。視聴者のその多くは動画を見る際に、冒頭10秒〜15秒まででその動画を視聴し続けるかどうか判断しているといいます。要するにあなたの動画を最後まで視聴してもらおうとするには、最初の10秒で視聴者の心をギュッと掴めるかということです。

ですので、動画制作のポイントとして、この動画はどのようなもので、自分にとってどのようなベネフィットがあるのかということを最初にメッセージとして伝えるようにすることを理解しておきましょう。

3.動画の長さは3分に!

三つ目のポイントは、「動画は3分程度の番組にすること」です。ほとんどの人は基本的に3分程度で集中力が切れてしまうと言われています。たとえ最初の10秒、15秒以内で惹きつけることができたとしましょう。しかし、動画の長さが3分以上だと見るのをやめてしまう確率が高くなっていきます。そのため、動画の長さは基本的に3分程度で、長くても5分以内に収めるように心がけることです。

4.「無駄な間」は徹底排除する

四つ目のポイントは、「無駄な間は徹底的になくすこと」です。動画は無駄な「間」が1、2秒あるだけでも違和感を覚えてしまいます。「つまらない!」と思われてしまう可能性があります。その違和感は視聴者が離れる要因になるので、極力無駄な「間」は徹底的に排除するようにしていきましょう。

5.「テロップ」の挿入

そして最後の五つ目のポイントは、「テロップを入れる」ということです。「ニュース番組から、情報バラエティ番組などでよくテロップが入っているのを毎日のように見ますね。このテロップというのは、言葉を文字で可視化することです。喋っている内容がよく理解でき、かつ演出方法によっては面白みを孵化することができて退屈感を軽減してくれる効果があります。

YouTube動画ももちろんこのテロップ効果というのは同様で、大事なセリフや見るだけでは伝わりにくい部分などにテロップを入れることをオススメします。

★視聴者を来店させる導線づくり

これら5つのポイントを押さえた動画が完成したら次に、その動画視聴者に対して、あなたの「お店やビジネス、商材に誘導していく」ということに移っていきます。

動画の最後に視聴のお礼を伝えるとともに、「ホームページでさらに詳細な情報を発信しています」や、「LINE登録お願いします!」といったアプローチ施策や、「視聴者の方には限定価格で提供します!」といった導線を入れることがポイントとなってきます。

また、動画の説明欄(概要欄)に来店や予約へ誘導するページのURLを記載するように。必要に応じて、メルマガやLINE、TwitterなどのSNSに誘導するのも良い方法です。

YouTubeのVSEOって何?

YouTube動画を使った3つの効果的集客

再生回数を稼ぐYouTube動画を作る秘訣いかがでしたか?これらのポイントを押さえて制作した動画を使って今度はYouTube集客を行う具体的な方法を3つに絞って紹介していきましょう。

動画を作る際の5つの秘訣と併せて実践していくことで、より効果的な集客を行い売上アップにつなげていきましょう。

1. YouTubeチャンネルを作ろう

「YouTubeチャンネル」はあなたがアップした動画をまとめて収納しておく場所で、視聴者がすぐに視聴したい動画や、後で視聴したい動画を見つけるためにアクセスしてくるプラットフォームになります。

YouTubeチャンネルはファンの数や再生回数を伸ばすためにとても重要なものになります。ですから、動画を初回の1本をアップしたら必ずぜあなたの「YouTubeチャンネル」を作成するようにしましょう。

YouTubeチャンネルを作る際に押さえておきたいポイントがあります。それは、個人アカウントではなく、あなたのビジネスアカウントや、ブランドアカウントを使うことです。このビジネスアカウントや、ブランドアカウントを使うことであなたの個人情報を守ることができるだけでなく、あなたのビジネスやショップ、そしてオススメする商品などのブランディングに特化したチャンネルを持つことが可能となるわけです。

2. YouTube内検索で引っかかる動画をアップする

YouTubeは世界第2位の検索エンジンです。そして、Googleと同じように検索キーワードに対して上位表示させるシステムが備わっているということを理解しておきましょう。つまり、検索結果で上位表示させることは「再生回数」や「ファン獲得」に寄与することになるということです。

このことを理解してあなたが動画をアップするのとしないのとでは、そのアクセス結果に大きな差が生まれます。では、動画を上位表示させるためにはどのような施策をおこねって聞けば良いのでしょうか?

それは、タイトル、説明欄(概要欄)、そしてタグに検索を狙いたいキーワードを必ず入れるようにしていくことです。

ただし、当然ですがタイトルや説明欄に必要以上に過大にキーワードを多く入れテイクと、売り込もうという姿勢がGoogleのボット巡回で察知されて逆効果になる可能性がありますので、気をつけましょう。また、あなたが狙っていきたいキーワードでのタグ付けも必ず行っていくようにしてください。

3.あなたの動画をクリックしてくれる仕掛け作り

動画のタイトルとともに、動画の一覧画面で表示される「サムネイル画像」で視聴者の目を引いて、クリックさせることがとても重要な要素となります。これは書店で書籍が売れるかどうか、パッと見の表紙タイトルで決まるといわれているのと同じ作用ですね。

サムネイルは画像サイズが小さいため、小さく表示させて見やすさや目立つかどうかを確認して作るようにしましょう。

また、再生回数も視聴者が動画を選ぶ重要な指標です。あなたのショップの既存客や見込み客に動画を紹介して見てもらうように誘導するのも一つです。FacebookやTwitterなどSNSに動画のURLを添付して、拡散を狙うのも一つの手ですね。

まとめ

TwitterやInstagramが検索ツールの主流となりつつあるように、YouTubeはユーザーが欲しいと思う商品、そしてサービスを知るための情報源として、ユーザーに利用されはじめています。ですから、YouTubeに動画をアップする戦略を行わないてはありません。せっかくの集客の機会を逃してしまいます。ですから、まだYouTube集客に踏み切れていないという方は、この記事で記した動画を作る秘訣そしてyoutube集客の具体的な方法を参考にしていただき、うまくYouTubeを利用してあなたのビジネスにふさわしい集客を実践していただき、そして売り上げアップにつなげて行っていただければと思います。

YouTubeのVSEOって何?

人気急上昇!検索エンジンの動画SEO施策はコレ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください