YouTubeのVSEOって何?

1.YouTubeのVSEOって何?

Gooogleで検索をした時に、動画コンテンツが表示されるのを見た経験があるかと思います。検索したキーワードによっては、テキストよりも動画コンテンツの方がユーザーの利便性に良いと判断されたとき、動画が上位に表示されます。このようにyoutube、そしてGoogleやyahoo!での検索結果画面に動画を上位表示させることです。この「VSEO」・・・今なぜ重要視されているのか知っておきましょう。

①:そもそも「VSEO」って?

VSEOはVideo Search Engine Optimizationの略で、動画検索エンジン最適化という意味です。皆さん、VSEOという言葉を聞いたことありますか?そしてこのVSEOの指す意味ご存知でしょうか?VSEOとはそのワードに含まれている「SEO」がポイントで、動画コンテンツ、つまりVideo の頭文字「v」がミックスされた言葉で、「Video Search Engine Optimization」の略語になります。動画検索においていかに上位に表示させるようにするのか、そして検索エンジンに対して最適化していくのかを指しています。つまり「動画のSEO」といえる言葉になります。現在、Googleで検索した際に、ホームページなどのコンテンツだけではなくYouTube動画も検索結果として表示されるようになっていることは皆さんもご存知かと思います。検索エンジンも日々進化を続けているため、検索エンジンに対しての対策が常に流動的で必要になっています。

②:VSEOの重要性はどこにあるの?

なぜSEO対策だけではなく、今「VSEO対策」が重要視されているのでしょうか?それは、動画の普及率の高さがその大きな理由になります。私たちの日常生活において今や当然のようにパソコンやスマホなどで動画を見る時代になってきました。多くの企業やサービス提供会社は動画を用いた様々な広告施策を実施をするようになってきました。特に動画広告は、静止画に比べるとユーザーの理解力や訴求力も高く、コンバージョン率が高い広告方法として浸透し始めています。それら販促、プロモーション施策に動画コンテンツ活用を取り入れることで、SEO対策を更に充実させることが可能になります。5Gの普及も
鑑みれば、今後一層「動画プロモーション」が進化することになり、「VSEO」もより高次元の世界で求められることになることでしょう。

●動画SEOの安心格安「おまかせサービス」はこちらから↓
人気急上昇!検索エンジンの動画SEO施策はコレ!

2.VSEOにおける対策はどうするの?

現在グーグル(Google)で検索結果としても表示されるようになった「動画」は、VSEO対策をすることで検索結果の順位も上げることができます。動画コンテンツの中でも、YouTubeというのはグーグル(Google)に続く世界第二位の検索エンジンでもあるのは皆さんもご存知でしょう。以下の赤枠で囲ったところを見てください。このようにグーグル(Google)の検索結果でも動画が上位に表示されます。そのため、まずはYouTubeでの動画のアップロードが勧められます。では、YouTubeまたは他の動画配信サービスにおいても同様ですが、どのようなVSEO対策が今後必要で効果的であるのかを見ていくことにしましょう。

POINT❶:第一に目的の明確化

SEOでも同様ですが、まずは動画の目的を明確にすることです。これは最も重要なポイントです。何のために動画を作り、どのようなユーザーに何を伝えたいのか。それを第一に明確に設定してから制作していくようにしましょう。動画がいくら静止画よりも情報を多く理解してもらうことができるといっても、そもそもその内容がユーザー・視聴者に伝わらなければ全く意味がないわけです。「目的を明確にすること」そこから動画構成や方向性を決めていくようにしましょう。

●動画SEOの安心格安「おまかせサービス」はこちらから↓
人気急上昇!検索エンジンの動画SEO施策はコレ!

POINT❷:タイトルに必ずキーワードを入れよう

動画コンテンツでは、タイトルが非常に重要になってきます。ユーザーが検索に使用するキーワードがタイトルに入っていることで表示されるようになります。つまり検索ユーザーに対応できるタイトルをつける必要が出てくるのです。キーワード選定は、検索キーワードツールなどを利用してしっかりと選定していくようにましょう。当然ですが、単にキーワードを羅列するだけではなく、ユーザー心理心を狙ったタイトルになるように心がけていきましょう。ポイントとしては・・・「気になるタイトル、「ユーザーの悩みを解決できるようなタイトル」を心がけて。これらを抑えたタイトルであれば、ユーザーもクリックして動画を視聴してくれる角度がグンとアップしていきます。

●動画SEOの安心格安「おまかせサービス」はこちらから↓
人気急上昇!検索エンジンの動画SEO施策はコレ!

POINT❸:VSEOの対象になるのは「説明文」と「タグ」にあり

YouTubeであれば、説明文を入れることができる項目があることはご存知でしょうか?この説明文もVSEOの対象となるので、動画コンテンツの説明だけではなく、会社や企業の情報やホームページのURLなど視聴ユーザーにとって有益な情報を記載するように心がけてください。また、動画はタグでまとめることができます。このタグを利用することによって過去の動画を繋いで視聴しやすい環境を作るようにしていくわけです。

●動画SEOの安心格安「おまかせサービス」はこちらから↓
人気急上昇!検索エンジンの動画SEO施策はコレ!

POINT❹:動画の最後にはアクションを!

動画コンテンツの中には、動画制作の目的となる企業やサービス事業者などのブランディングに繋げるために、ロゴなどが使用されます。もしサービスに関連する動画である場合には、動画の最後にテキスト等で電話やメールなどユーザーが問い合わせや申し込みなどのアクションを起こせるような扉となる情報を必ず記載することがポイントになります。動画内に外部リンクを貼るという方法も可能ですが、この方法は「ユーチューブの収益化」を有効にしないと利用することができません。この「ユーチューブの収益化」にはプラットフォーマーである「ユーチューブ」の審査条件などが厳しく、初めて運用していく場合にはテキストで促すようにする方法がベターと考えられます。

●動画SEOの安心格安「おまかせサービス」はこちらから↓
人気急上昇!検索エンジンの動画SEO施策はコレ!

3.「動画SEO」のまとめ

今後ますます動画市場が拡大していくであろう中で、企業やサービスは今まで以上に動画コンテンツの活用に注力していくことで、ユーザー獲得すへの可能性が高まっていくでしょう。なので、VSEO(Video Search Engine Optimization)対策を行うことは今後ますます重要となり、ユーザーにとっても有益な動画制作が求められていくことでしょう。このVSEO(Video Search Engine Optimization)はこれまでのSEOと同軸、ユーザーファーストであること。これを基軸皆さんもVSEO対策を行って、ユーザー目線重視の視点からあなたのビジネスの動画コンテンツを有効に活用してってみてはいかがでしょうか。

●動画SEOの安心格安「おまかせサービス」はこちらから↓
人気急上昇!検索エンジンの動画SEO施策はコレ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください