Google、Facebookに続く 第三の広告プラットフォーム現る

Taboola(タブーラ)はまだ馴染みのない方も多いと思いますが、これからのネット集客において是非知っておいていただきたい言葉です。ブランディングからコンバージョン獲得まで対応可能にしてくれる、頼もしいネイティブアドネットワーク配信サービスを提供しているのがTaboola(タブーラ)です。ネイティブアドネットワークを利用する目的は、多くの場合、潜在客への認知拡大がメインになります。しかし、Taboola(タブーラ)の広告の仕組みを用いることで、精度の高いターゲティングが実現され、「認知拡大」だけでなく、「コンバージョン獲得」を目的とした広告出稿も可能だというところが実に素晴らしいですね。では、そのTaboola(タブーラ)について詳しく見ていきましょう。

Taboola(タブーラ)とは?

Taboola(タブーラ)は世界最大のコンテンツディスカバリープラットフォームと呼ばれており、MSNやYahoo!JAPANなどと連携し、全世界で約5,000万人以上のユニークユーザーに対して3,000億以上のリコメンデーション配信を行っているウェブサービス企業です。Taboolaの創業者/アダム・シンゴルダが元々動画のレコメンドエンジンを開発したことからスタートし、今ではGoogleやfacebookなどのような広告プラットフォームに次いて広告配信先として日本国内でもサービス提供を開始しはじめ、国内でも導入する企業が増加傾向にあります。

GoogleやYahoo!といった検索エンジン、facebookやTwitterといったSNSでの広告が、Web広告予算の大半を占める現在。昨年2017年の米国広告売上のうちGoogleとFacebookが全体の63%程度を占めると予想されていました。(eMarketer調らべ)「検索」という顕在的なニーズを持つユーザーの行動を抑えているGoogleでは、実コンバージョンに近いユーザーを獲得できる広告媒体として魅力的ですし、また細やかなユーザーデータ分析を基にターゲティング展開ができるFacebook広告も魅力的存在です。しかし、それらのプラットフォーム上で広告活動を行いたいクライアントは多数存在し、広告費の高騰や、アルゴリズムの変化によるインプレッションの減少なども課題として挙げられているのも事実ですね。広告出稿サイドからの声としては、「GoogleやFacebookでの広告活動だけでは獲得したいリード数を補完できなくて困っている」また、「これから獲得していきたい自社ブランドの認知度向上が達成されない」と悩むマーケターにとって、Taboola(タブーラ)は「第三の選択肢」となり得る可能性を十二分に秘めています。

Taboolaの仕組み

TaboolaはMSN Japan、産経ニュース、Infoseek Newsなどの大手パブリッシャーをはじめ、多くのWebメディア上で自社コンテンツを広告表示することができるネイティブアドネットワークです。Taboolaのレコメンドエンジンは2014年以来Yahoo!Japan Newsのレコメンドエンジンとして採用されるなど、その精度の高さが特徴の一つです。Taboola(タブーラ)が持つレコメンドエンジン最大の特徴は… 「サーチ・リバース」というレコメンドエンジンを採用していることです。ユーザーの使用デバイス、時間帯、流入元はもちろん、ユーザーの過去行動履歴を一部参照し、その人の好みや行動の傾向などもレコメンドのソースとすることで、他のネイティブアドネットワークと比べ、精度の高い広告表示が可能になります。他のネイティブアドネットワークだと、ランディングページ(LP)を広告表示させることがNGの場合がありますが、Taboola(タブーラ)の場合はそのレコメンドの精度が高いため、直LPでの取り組みも可能だというから驚きですね。

TaboolaのココがGOOD!

ネイティブアドネットワークの場合、出稿したいサイトを選べなかったり、どのサイトのクリック率が高かったかどうかを計測できなかったりしますが、Taboola(タブーラ)の場合は露出サイト別にパフォーマンスを分析、計測することが可能というから素晴らしい。また認知拡大のための広告出稿の場合は、出稿したくないサイトを選択して排除することも可能!逆にコンバージョン獲得を目的とした出稿であれば、コンバージョンをより獲得しやすいサイトへの出稿を強めるなどの対応も可能です。

ユーザーに最適化したUIを提供するこだわりがスゴイ!

FacebookやTwitterなどのSNS(ソーシャルメディア)からWEBメディアのコンテンツページに閲覧しにくるユーザーの約80%程度が2~3行読んでページから離脱してしまうという解析データがあります。またユーザーの中には積極的にSNS(ソーシャルメディア)へシェアをする人、たまにする人、まったくしない人と大きく3分類に分かれます。
Taboola(タブーラ)を導入しているパブリッシャー(WEBメディア側)は、よりユーザーに長い時間滞在してもらうため、ユーザーに最適なUIを表示させる仕組みを日夜改善し提供しています。SNS(ソーシャルメディア)から来訪したユーザーに対しては、コンテンツの2~3行目くらいにレコメンド枠を表示させたり、まったくソーシャルシェアをしない人にはソーシャルシェアボタンをはじめから表示させないようにするなどの仕組みを提供しています。Taboola(タブーラ)のテクノロジーを用いることで、パブリッシャー(WEBメディア側)はより最適なUIをユーザーに提供することが可能になりますね。

Taboola(タブーラ)の「まとめ」

・従来の認知拡大目的のアドネットワークにもかかわらず、ユーザーの潜在意識にヒットするネイティ

 ブコンテンツを表示するため、精度の高いマッチングが可能となる

・ネイティブアドネットワークにもかかわらず、サイト別にパフォーマンスの分析、計測が可能だ

・SNS(ソーシャルメディア)ユーザーのシェア頻度によって、ソーシャルシェアボタンの表示、非表示をコントロールしてくれる