これからの集客戦術に欠かせないインスタ(Instagram)

日本国内でSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)が展開され始めてからもう何年も経ちます。様々な企業や店舗、そして個人事業主の「集客ツール」として活用されることが当たり前の時代にもなってきました。それらSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)のなかでも、既に2900万ユーザー(*1)を突破し、物品などの購入をはじめ、情報検索等など私たちのライフスタイルの一部となり、普段使いのSNSツールとして生活に溶け込んでいるインスタグラム(Instagram)。特徴としては主に「画像、動画などで直感的に物事を伝える」ことに突出したサービスです。(*1=2019年6月、Facebook日本法人の公式発表:インスタグラムの国内月間アクティブユーザー数(MAU)が2900万人を突破)

この勢いに乗ろうと海外だけではなく国内の多くの企業や店舗をはじめ個人のビジネスオーナーまでもが、商品やブランドの認知拡大策としてインスタグラムを活用したウェブ戦略をいろいろと展開しはじめています。このインスタグラムを積極的に活用しているのはどのようなジャンルや人々でしょうか。もう少し具体的に見てみることにしてみましょう。

飲食店(チェーン店から個人オーナー店まで)、結婚プランナー、英会話教室、個人事業主、カメラマン、美容室・美容サロン、お花屋さん、アーティスト、モデルやアイドル、ECサイト、企業の人事部・採用担当、ペットサロン・・・などなど。数えればきりがないほどの、ありとあらゆるジャンルと規模の大小にかかわらず多くの人たちに浸透し、活用されています。つまり、あなたに関係のある人、有人・知人がインスタグラムを活用してファンを集めよう(自店への集客を図ろう)としているわけです。
インスタグラムを積極的に活用していない企業やビジネス、リアル店舗、リアルコミュニティなどは、いつしか誰からも知られなくなっていく。・・・もうそんな時代に差し掛かってきているといってもいいでしょう。その一方で、ファン獲得のための集客を行なったり、お客様との親近感ある繋がりを深耕していったりするためには、これからの時代の傾向としては、やはりSNSツールの活用ということになります。中でもこの「インスタグラムの活用」は集客戦術の一つとして必要不可欠となってくるわけです。
一日の大半の時間を本業の業務で費やしているのに、インスタグラムの運営(更新アップや「ファンになる」や「いいね!」を突いていく)にばかり時間をかけて注力できないというのが現実的なところです。ある程度の「ファン数」や「いいね!」の数を獲得するために、インスタ担当者自からが積極的にインスタユーザーに対して「ファンになる」や「いいね!」を仕掛けていかないといけません。それには本業はそっちのけで多くの時間と労力がどうしても必要になってしまいますよね。これは本当に悪いサイクルとしかいいようがありません。
では、どのようにインスタグラムの「ファン」や「いいね!」を時間をかけずに効率よくスピーディに獲得していくことができるのでしょうか?それには「ファン」や「いいね!」を自動で増やしていってくれるという嬉しいサービスを提供している会社を積極的に活用していくことです。
しかしながら、ここ数年のインスタグラムユーザーの飛躍的な増加に伴い、この自動ファン獲得サービスを提供している会社による、ユーザーへの必要以上のアタック数と「本当にこれ、インスタの発信者がやっているの?」など、あまりにも故意的なアクションが横行しまわり、ついにはインスタグラム運営側からの強い規制がかかり始めるなど、そのサービス提供会社も従来のようにサービスが提供できなくなっているというのが実際の事情です。
では、現在のインスタグラム側の状況と、自動ファン獲得サービス提供会社における現状がどうなっているのか見てみましょう。

Instagram APIの一部機能が廃止に。どうなる?これからのインスタ運用

2018年4月、Instagram APIの主要機能の一部が停止されました。Instagram APIってそもそもなにかというと、Instagram(インスタグラム)のプログラムの一部をWeb上に公開することで、誰でも外部から利用できるようにしたものを指します。具体的にはInstagram(インスタグラム)の写真データをWebサイトに表示させたり、ユーザーを検索したり、フォロワー情報、一般公開されている写真についたコメントに関する情報を取得するといったものです。
今回の一部機能の廃止で、特にビジネスアカウントで利用していた多くの企業や店舗は少なからず、Instagram(インスタグラム)の運用に影響を受けているようです。また、Instagram(インスタグラム)では、今後2020年の初めまでにInstagram APIを使って行える機能のすべてを段階的に停止していく予定とも発表しています。

インスタ自動ツールで課題となっている「アカウント停止の現状」

企業や個人事業主がインスタ自動ツールを導入・利用する際に、気になるのがアカウント停止や削除のリスクの面ではないでしょうか。
これはインスタグラムでは規定のアクション数が定められており、手動や自動ツールを使用して「いいね」や「フォロー」のアクション規定数を超えると「迷惑行為」とみなされ、アカウントの凍結・停止に至ってしまいます。そしてこの規定数は毎時変動しています。このアクション規定数のモニタリングには莫大な工数がかかるため、多くのインスタ自動ツール提供会社ではこの規定数の分析を行っていない業者が多く存在します。また、インスタ自動ツールの管理画面上で「いいね」や「フォロー」のアクション数の設定をユーザー自身が行うため、当然この規定数を知らないユーザーはフォロワーをたくさん増やしたいために規定を超えたアクション数の設定を行ってしまいアカウントの停止に繋がっているというのが現状です。しかし、インスタグラムの自動「いいね」や、自動「フォロー」のボットシステムはインスタグラム側の厳しい規制によって不安定な状態となっているのが現状です。そのため莫大な顧客ニーズがある一方で、ほとんどのボットサービス(自動「いいね」や、自動「フォロー」のボットサービス)は撤退を余儀なくされるようになっているのが現状です。

アカウント凍結のリスクなし!フォロワーをコンスタンツに増やしていく「安心・最適!ファン自動獲得ツール」

そこでぜひ皆さんに知っていただきたいのが、今回ご紹介する「インスタグラムのアカウント凍結リスク0(ゼロ)!」で、Instagram(インスタグラム)フォロワーをコンスタンツに増やしていける「いいね!・ファン自動獲得ツール」になります。

この「いいね!・ファン自動獲得ツール」のサービスは、元Googleエンジニアによって開発された独自の方法を用いたインスタグラムのAPI取得に加え、AI(人工知能)による世界トップクラスのターゲティング精度を誇るインテスタグラム・マーケティングに基づいた運用をしています。そのため、この「ファン・いいね自動獲得ツール」はAI(人工知能)によるインスタントグラム分析で、毎時変動するアクション規定数のモニタリングが可能となり、規定数の「80%-90%」のアクションを自動で行うため、規定数を超えることはなくアカウントの凍結や停止が起こりません。ここが最大の魅力かと思います。
※インスタグラムの自動ツールの導入を検討されている方は、必ずこの辺りの確認をとり、詳細な比較を行うことをお勧めします。

「リミスタ」なら、インスタ運用ここまでやれる!

このインスタグラムの「いいね!・ファン自動獲得ツール」が実装・提供してくれる様々なうれしい機能を紹介します。これらの機能をフル活用して、企業や店舗オーナー、はたまた個人事業主が獲得したいファン層を取り込んでいく効果的なツールとして活用していきます。

・ハッシュタグを基にターゲティングを行う「ハッシュタグターゲティング」機能

・位置情報を基にターゲットを「エリアターゲティング」機能

・競合アカウントをフォローしているユーザーに対してアクションができます。例えば旅⾏好きの⼈をターゲットにしたい場合、例えば、HISのインスタグラムアカウントをフォローしている⼈をターゲットにすることができるように設定が可能な「コミュニティターゲット」機能

・投稿⽂やプロフィールに記載されている⽂字を分析しターゲットをします。#を使っていないターゲットにもリーチしていくことが可能な「文字分析ターゲティング」機能

・過去〇〇⽇間以内にインスタグラムにログインをしたユーザーに対してターゲットをします。ゴーストアカウントへのターゲティングを控え効率をあげていく「アクティブターゲティング」機能

・年齢や性別でターゲティングを「年齢・性別ターゲティング」機能

・コメント⽂の指定が可能な「コメント指定」機能

・様々な不明点等をアカウントプランナーがメールでサポートしてくれる「アカウントプランナーによるメール相談」サービス

さらに、新プラン登場!

この新プラン「Bamboo plan/バンブープラン」は新開発システム「SCS=スクリーンコントロールシステム」を採用。「SCS=スクリーンコントロールシステム」とは私たちが日常的にスマートフォンをタップしたり、スクロールしたりする動作を、なんと!自動で行うシステムとなります。従来の自動システムは自動ボットをインスタグラムのアプリ内部に導入し、いいね、フォローなどを行う一方で、この「SCS=スクリーンコントロールシステム」はインスタグラムではなくスマートフォン事態を自動操作することで、ユーザー自身がタップしたり、スクロールさせたりする一連の動作をインスタアプリを開き実行するという画期的な仕組みになります。
つまり「人間と全く同様の動作」を当該システムというわけです。これによってインスタグラムのアップデートをはじめ、ボットエラーなどこれまで不安だった運用要素や影響が無くなりることになります。
またインスタグラムの本体側では、常に利用頻度や利用時間の特定をアカウントごとに厳しいチェックを行ているため、アプリを開いていないのにアクションを稼働させる「ボット」では現実的に「いいね!や、フォロー」など多くのアクションを自動的に仕掛けていくことは不可能となります。
新たに開発されたこの「SCS=スクリーンコントロールシステム」では、実際にスマートフォンにて自動でアカウントを開いてアクションを実行していくことによって、よりたくさんのアクション(アクション数の限度あり)が可能となるわけです。そのためこの「SCS=スクリーンコントロールシステム」を稼働させている間は、自分でアプリを開いて利用時間を確認してみると、自身がインスタを利用している時間以上の利用時間が表示されています。
このプランでの平均的なファン獲得数(フォロワー増加数)は、個人系アカウントでは約月間300ー600、ビジネスアカウントでは約月間300ー400名程が見込まれるようです。

 

MENU Bamboo plan Support plan
ハッシュタグターゲティング

ハッシュタグを基にターゲットをします。

エリアターゲティング

位置情報を基にターゲットをします。

コミュニティターゲット

競合アカウントをフォローしているユーザーに対してアクションができます。例えば旅⾏好きの⼈をターゲットしたい場合はHISのアカウントをフォローしている⼈をターゲットにできます。

文字分析ターゲティング

投稿⽂やプロフィールに記載されている⽂字を分析しターゲットをします。#を使っていないターゲットにもリーチします。

アクティブターゲティング

過去〇〇⽇間以内にインスタグラムにログインをしたユーザーに対してターゲットをします。ゴーストアカウントへのターゲティングを控え効率をあげます。

年齢・性別ターゲティング

年齢や性別でターゲティングをします。

コメント指定

コメント⽂の指定が可能です。(※⼀部ルールがあります。)

アカウントプランナー・メール相談

様々なご不明点をアカウントプランナーがメールでサポートしてくれます。

電話サポート ※Support planのみ

アカウント作成や投稿内容、またはストーリーの使い⽅など、電話で相談できます。

×
アクションスピード調整 ※Support planのみ

コメント・いいね・フォローなどのアクションスピードを安全性を保ちながら徐々に上げていきます。最短でファンの獲得を⽬指します。

×

「リミスタ」の運用コストは?

・初期費用0円、ランニングコストわずか14,980円~/月
・1カ月からでも実施可能(効果が無ければメールひとつで、いつでもシステム停止が可能です)
・お支払いはクレジット払い(Visa/Masterのみ)※6か月契約の場合、一括請求書払いも可能です

「リミスタ」は2プランから選べます!
 Bamboo plan 月額24,980(税込) NEWリリース!
③ Support plan  月額39,800(税込)