LINE@ 無料プランでセグメント配信する方法

LINE@を使って、あなたのビジネスに活用されている方、まだLINE@をビジネスで使っていないという方に、今回はプログラミング不要で「LINE@でのセグメント配信をする方法」や「LINEbotを簡単に作る方法」などをご紹介していきます。

これまで「LINE@無料プラン」では、登録ユーザーに対してのセグメント配信などがを始めたくても予算の都合で実施できませんでした。ところが、2019年4月から「LINE@無料プラン」でも外部ツールを使用する事が出来るようになりました。予算面でなかなかできなかった企業の方やスモールビジネスを展開されている方にとっては朗報といってもよいでしょう。

これによって、LINE@無料プラン(LINEビジネスアカウント)にセグメント配信や既読・クリック判定といった、LINE公式ツールにはないメッセージテンプレートなどの拡張サービスなど機能を外部サービスを導入することによって簡単に追加する事が出来るできるようになりました。

LINE公式無料アカウント運用時の悩みごと

 LINE公式アカウントをお持ちのみなさんLINE公式アカウントの運用で、今までこのようなことで悩んだりされていませんか?

●こちらから送ったLineメッセージを既読してくれた人たちに、フォロー配信がしたいけれど、出来ないんだよな・・・。

●Line@の「一斉送信」だとブロックが増えていくばかりで・・・。ユーザー属性ごとに分けて送信ができたらな・・・。

●Line@のお友だちになってくれた人が、実際に来店してくれているのかどうか、よくわからないよ・・・。

●テキストや画像だけじゃなくて、もっとこだわりのあるメッセージを作って送りたいんだよな・・・。

・・・などなど。

「Line@」はビジネスにおいても「無料」で使うことができる、とってもポピュラーで使いやすく、しかもユーザーの使用頻度も高いソーシャルネットワーキングサービスです。しかし、いくら「無料で使える」といっても、「Line@」を実際に運用していると、これらのような思いを持たれたり、悩んだりされたということはないでしょうか?利用される側にとっては、「もっとこうしたい!」や、「もっとこんなことができたらいいのに!」と、要求が絶えないというのはすごくよくわかります。では、このような課題や思いをどのように解決してくれるのでしょうか?そのサービスをのぞいてみましょう。

LINE@ユーザーのお悩みを解決してくれるサービス|Poster

この記事で紹介する「LINE@」の活用術は、このような「もっとこうやって自分のビジネス販促に活かしたい!」や「こんなことができたらいいのに!」などといった要望に応えてくれるサービスになります。

あなたのビジネスや、副業などにも活用できるお役立ちツール、それが「LINE@運用ツール【Poster】」という「LINE@」の拡張ツールとして人気のサービスです。
Posterは、LINE公式MessagingAPIを利用することで、これまで難しいとされていた細かなユーザー属性に分けた高度なセグメント配信を行うことが可能となっています。また、とても機能的でアグレッシブな販売促進プロモーションが手軽に展開できるので、ぜひ知っておいていただきたいと思います。

Posterでどんなことができるのか?

LINE@運用ツール【Poster】では、LINE公式MessagingAPIというアプリケーションを利用して、あなたが希望する細かなターゲット属性ごとにセグメントを行なって、より高度な配信を行うことができます。

では、LINE@運用ツール【Poster】の使える便利な機能の一例を見てみましょう。

セグメント配信

・プロフィール情報を基に、性別や年齢、誕生日月でのユーザーセグメント配信ができるようになります。また、過去のメッセージやクーポンへの反応状況(既読、使用状況)ごとに、メッセージの配信が出来ます。外部サービスとの連携で特定ユーザーへのメッセージ配信もできるようになります。

プロフィール登録画面

・ユーザーが登録したデータに基づいてオリジナルの質問項目を作成すれば、そのユーザーに対してセグメント配信ができます。過去のメッセージの既読/未読といった履歴情報を判定して、フォローアップ配信ができるようになります。

クーポン機能

・あなたオリジナルのクーポンを作ることが出来ます。「全員当選タイプのクーポン」と「抽選タイプのクーポン」の2種類からクーポンタイプを選ぶことができます。また、クーポン画面はマークダウンをしようした記述スタイルで自由にアレンジができます。

リッチメニュー

・数多くのデザインメニューから自分のお好みに応じてデザインを選び、自由に使えることが出来ます。

チャット機能

・一対一の個別チャット機能を使えば、登録ユーザーへの個別の返信や問い合わせ対応も可能になります。また、グループ機能にも対応しています。

ポストバックアクション機能

・ボタンをタップした時に次のメッセージを送信することができて、想定ケースに合わせたボタンの設置が可能で、条件分岐として機能させることが出来ます。

LINE Simple Beacon連携機能

・LINE Simple Beacon を使って、お友だちの来店者計測ができるようになります。この来店者レポートを使えば、日別、曜日別、月別での来店状況の確認が出来ます。

 

Poster導入にあたってのちょっと気になる質問

LINE公式は無料プランのままで、Posterはエントリープランを利用できるか?

LINE公式のフリープラン(無料プラン)は、メッセージ配信数は1,000通が上限で、1,000通以上送ることができないという条件です。なので、フリープラン(無料プラン)を契約している場合は、Posterのプランタイプに関係なく1,000通以上メッセージを送ることができません。あなたのビジネスで1,000通以上配信する可能性がある場合には、LINE公式サイトにて有料プランへ契約する必要があります。

PosterのメッセージはLINEメッセージ配信数の課金対象になるのか?

LINE@運用ツール【Poster】は、LINEで提供されているMessaging APIを利用してLINEメッセージを配信してるため、APIの種類によってLINE公式アカウントの従量課金の対象・非対象が異なってきます。
「Push API」を使用して配信されたメッセージは、Posterの利用料金にかかわらずLINE公式アカウントの従量課金の対象となてくるようです。

自社で顧客データ管理してないが、ポスターでセグメント配信を利用出来るか?

利用できるようです。LINE@運用ツール【Poster】を導入したLINE@のトーク画面に作成されるプロフィールの登録メニューから友だち自身に登録したプロフィール情報やアンケートへの回答で友だちをセグメントしていくことができます。

LINE@の友だちをどのようにセグメントするのですか?

友だちから取得したプロフィール情報(例えば・・・性別、生年月日、お住いの都道府県)、および顧客(LINE@アカウント)が作成したオリジナル属性(アンケート)への回答結果の内容に加えて、過去に配信したメッセージに対するリアクション情報などから登録してくれている友だちをセグメントしていくことができます。

上これらを組み合わせることでいろんなパターンで配信対象者(友だち)の絞り込み&配信を行う事ができます。

以下に、一例をまとめたのでご覧ください。

設定が可能なセグメント例

  • 20代〜40代の女性
  • アンケート1に「はい」と回答した男性
  • アンケート2に「1」または「2」と回答した友だち
  • アンケート1と2に「yes」と回答した「東京都、または埼玉県在住」の友だち
  • 2019年5月1日以降に友だち登録され、アンケート1に「yes」またはアンケート2に「yes」と回答した友だち
  • 前回配信したメッセージのURLのどれかをクリックした友だち
  • 前回配信したメッセージのURL、または前々回配信したメッセージのURLのいずれかをクリックした友だち
  • 前回配信したメッセージのURLを全てクリックした友だち
  • 過去60日以上連続して「未読」の友だちを除外する ・・・など。

トラッキングIDによる配信者の絞り込み

LINEメッセージ内のリンクURLに付与可能なトラッキングIDを使用して配信対象者を指定します。そうする事で、外部サイトと連携したセグメント配信を行う事が可できるようになります。

ウェブサイト側で受け取ったトラッキングIDをセッションに保存してコンバージョン測定などを行うことができます。
配信時のセグメント設定は、ウェブサイトから配信対象者のトラッキングIDを抽出し、トラッキングIDを指定して設定を行うことができます。

トラッキングIDによるセグメント例

  • 前回配信したメッセージからウェブサイトのアクセスして商品を購入した友だち
  • 過去配信したメッセージからウェブサイトにアクセスして商品を購入した事がある友だち
  • 前回配信したメッセージからウェブサイトにアクセスして商品がカートに入ったまま購入を完了せず離脱した友だち(カゴ落ち)

導入前にユーザー視点での無料体験もできる!

このLINE@運用ツール【Poster】では、実際に「LINE公式アカウント」の運用を、ユーザー視点で体験することができます。体験はもちろん無料でできますので、どのような感じでユーザーに対してメッセージが届くのか、どんな双方向コミュニケーションができるのかといったことを実体験することでその利便性を実感することができます。体験版の登録はとても簡単なので、導入前に一度試してみてはいかがでしょうか。

●無料体験版の初期登録完了画面↓

 

フリープランは0円から。オススメはエントリープラン!

このLINE@運用ツール【Poster】の利用にあたっては、次の3つの料金プランから選ぶことができます。

①フリープラン・・・月額0円

②エントリープラン・・・月額980円

③ビジネスプラン ・・・月額5,000円

「オリジナル属性」の設定数や「クーポン機能」、「自動応答メッセージ機能」を利用したいという利用者がやはり多いため、オススメは②のエントリープランでしょうか。ある程度ラインユーザーが居るという場合であれば、③のビジネスプランで、今まで以上に配信クオリティを高めていくことがオススメです。あなたのビジネススケールや顧客状況に応じて選んでみてください。

 プラン名
フリー
エントリー
ビジネス
月額料金
0 980 5,000
メッセージ
配信(無料分)
1000
5,000
15,000
追加
メッセージ
〜1円/通
〜1円/通 〜1円/通
友だち数
300
5,000 20,000
オリジナル
属性
2
10 20
個別チャット機能

 2019年 12月終了

グループ
チャット機能
クーポン機能
自動応答
メッセージ
機能
ポストバック
アクション
機能
LINE Simple Beacon
有料オプション
プレミアム
メッセージ
テンプレート

※ 表示価格は全て税込価格

無料で始めるLINE@セグメント配信【Poster】、一度無料体験版から試してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください