ネットショップ開設 Shopify・BASE・STORES 完全比較

Shopify・BASE・STORES 完全比較!

どのネットショップサービスを活用して開設・運営していくのがよいのかを解説する前に、ネットショップの潮流を簡単に整理しておきましょう。


ネット販売におけるプロモーションには大きく分けて次の2つのステージがあります。まず一つ目は、「自社ウェブサイトで独自で集客を図る方法」です。そしてもう一つがポータルサイトやECモールなどといった「WEBプラットフォームに出店するという方法」の2つですね。

●例えば・・・
美容業界の場合では「ホットペッパービューティー」、飲食業界の場合では「食べログ」や「ぐるなび」。そしてネットショップジャンルにおいては、Amazon、楽天、Yahooショッピングなどがそれらに該当します。みなさんもよくご存知のプラットフォームですね。これらのプラットフォームに出店することで、モールそのものの集客力を活かすことができるといったメリットがあります。しかしながら、そのようなプラットフォームからの脱却がここ数年加速していっているという状況が続いています。
なぜECプラットフォームから脱却していくのか?その代表的な3つの理由を挙げてみましょう。

  1. 「掲載費➕広告費」で、結果的に非常に高額なランニングコストがかかる。
  2. 結局はポイントやクーポン(=値引き)に依存して集客することになる。
  3. 自社独自の媒体でないためリピート購入率がとても低い。

これら挙げた3つの理由から利益が圧迫されてしまい、プラットフォームでの店舗運営に対してネガティブに考えてしまうわけです。加えて「ポータルサイト・ECモールは本質的に「広告媒体」のため、掲載プランの高いお店に集客が集中するように出来ている」ということを理解しておくと納得がいきます。

前置きが長くなりましたが、これらの現状から今ネット販売をしている企業やスモールビジネスでネット販売を始めようとしているビジネスオーナーの中で、人気を博しているのが表題にも挙げたShopify・BASE・STORESといった独自ネットショップ構築サービスです。これらのサービスを導入するにあたって次のことが気になる方も多いのではないでしょうか。

  1. 「Shopifyを使ってみたいけど、BASEやSTORESも気になる」
  2. 「各サービスの料金やメリット・デメリットについて知りたい」
  3. 「現在、BASEやSTORESを使っているがShopifyへの乗り換えを検討している」ここ近年、独自ECサイトのプラットフォームとして人気を集めている「Shopify」。カナダ発の企業で、日本語以外に多言語・多通貨・海外配送にも対応するといった点で、世界基準のサービスを提供しています。たしかに便利で人気を集めるShopify。しかし「Shopifyが一番最適なプラットフォームなの?」と考えるユーザーも多いのも事実です。そこで本記事では、次の3つのポイントを軸に皆様にお伝えしていきます。

・ポイント①:Shopify・BASE・STORES 3社完全比較
・ポイント②:各サービスの料金・決済方法、サイト構築・集客の徹底比較
・ポイント③:私に適したECプラットフォームはどれ?

ぜひ本記事の内容を、ご自身のECサイト開設にお役立てください!


Shopify・BASE・STORES 完全比較

では早速、Shopify・BASE・STORES。 これら3サービスを詳しく比較していきましょう。「料金」「決済方法「海外対応」「サイト制作」「集客」について解説します。

「料金・手数料」を比較

最初にこの3つのサービスのそれぞれの「初期費用」や「月額費用」、「手数料」などの「料金」について見ていきましょう。

Shopify BASE STORES
初期費用 0円 0円 0円
月額費用 29〜299ドル 0円 無料/1,980円
取引手数料 0円
(Shopifyペイメント利用)
3% 0円
決済手数料 3.25〜3.9% 3.6%+40円 無料プラン:5%
有料プラン:3.6%
入金手数料 0円
(Shopifyペイメント利用)
2万円未満:750円
(事務手数料500円含)2万円以上:250円
1万円未満:550円
(事務手数料275円含)1万円以上:275円
入金サイクル 金曜日に入金 振込申請から10営業日 月末締め翌月末払い

初期費用は3社とも無料ですが、「月額料金」と「手数料」が大きく異なっているのが分かりますね。月額料金はBASEが完全無料、STORESは無料プランと有料プランを選択することが可能です。「手数料」には取引手数料、決済手数料、入金手数料の3つがありますが、最高値は「BASE」、最安値は「Shopify」。入金サイクルが最短なのは「Shopify」、最長なのが「STORES」になります。ただし、BASEとSTORESは、「別途手数料」を支払うことで「翌営業日払い」を選択することが可能となっています。

手数料でもっともお得なのは「Shopify」ですね。月額料金は最低でも29ドル(約3,190円|1ドル110円換算)かかりますが、Shopifyペイメントを利用することで「取引手数料」と「入金手数料」が無料になります。
しかし月額料金が最低29ドルかかるため、「月々の固定費を抑えたい」という方はBASEやSTORESがおすすめでしょう。


「決済方法」を比較

続に、各サービスの「決済方法」について比較してみましょう。

Shopify BASE STORES
クレジットカード VISA、AMEX、JCB、MasterCard VISA、AMEX、JCB、MasterCard VISA、AMEX、JCB、MasterCard
携帯キャリア決済
コンビニ決済 ◯(Pay-easy)
銀行振込
ID決済 Apple Pay
Google Pay
Amazon Pay
PayPal
Shop Payなど
PayPalのみ PayPal
楽天ペイ
Amazon Pay
※Amazon Payは
有料プランのみ
代金引換 × 有料プランのみ
後払い決済 × ×

決済のバリエーションがもっとも多いのは「Shopify」です。基本的に3社ともクレジットカードや携帯がキャリア決済、コンビニ決済、銀行振込は利用できます。

ただ、「ID決済」についてはShopifyが突出。Apple PayやGoogle Pay、Amazon Payなど、他社にはないキャッシュレス決済にも対応しています。


「海外対応」の比較

では各サービスにおける「海外対応」についてはどのような違いがあるのでしょうか?

Shopify BASE STORES
多言語対応 19ヵ国語に対応 英語のみ 英語のみ
利用できる外貨 17種類 34種類
(アプリの拡張機能を導入した場合)
×
海外配送
サポート メール
Twitter
コミュニティ
英語でサポート
メール
(平日10〜19時)
チャット
(13〜18時)
メール
(返信まで約1週間)

海外向けにEC展開を行なっていくのであれば、「Shopify」または「BASE」がおすすめです。

言語表記の幅では、Shopifyが19ヶ国語、BASEは英語のみの対応になります。
対応通貨ではどうでしょうか。Shopifyはデフォルトで17種類に対応しており、BASEは拡張機能の導入で34種類まで対応可能です。ただし、「英語圏以外にも出店したい」という方もいるのではないでしょうか。その場合は、より多くの言語表記に対応しているShopifyがベストセレクトではないでしょうか。


「サイトの制作機能」比較

各サービスの「サイト制作機能」について比較してみましょう。

Shopify BASE STORES
商品登録数 無制限 無制限 無制限
商品写真登録数 1アイテム250枚まで 1アイテム20枚まで 1アイテム15枚まで
テンプレート数 無料:9種類
有料:64種類
無料:10種類
有料:100種類以上
無料:48種類
HTML・CSS編集 ×
独自ドメイン
SSL

商品登録数は3社とも「無制限」となっていますが、「テンプレート数」や「商品写真登録数」においては差が出てきます。テンプレートの多さは「BASE」が最多。商品写真登録数は「Shopify」が最多。ただし「無料」のテンプレートはBASEが10つ、Shopifyが9つとその差は微々たるものです。それ故に「無料テンプレートを使って、より素敵的に販売商品をユーザーに伝えたい!」という場合には、商品写真登録数が250点と圧倒的多数の「Shopify」がおすすめですね。


「SNS&ブログの連携機能」完全比較

各サービスにおける「集客機能」について比較していきます。

Shopify BASE STORES
ページ設定 タイトル

ディスクリプション

ページヘッダー

タイトル
ディスクリプション
×
SNS連携 Facebook
Instagram
Twitter
Pinterest
Tumblr
Facebook
Instagram
Twitter
LINE公式
Ameba
Facebook
Instagram
Twitter
ブログ ×
メルマガ
レビュー
Googleアナリティクス

ShopifyとBASEでは、タイトルやメタディスクリプション設定が可能です。そのため、ページごとに最適なタイトルやメタディスクリプションを設定することにより、ユーザーの興味・関心を引くような内容に設定することが可能になります。また先述したように、ShopifyとBASEはサイト内で「ブログ」も作成できます。ひとつの情報発信コンテンツとして「ブログ」を実装しておくことは、閲覧数をアップさせる要因にもつながります。


事業拡大を目指すならShopifyを。

3つのプラットフォームを比較しましたが、ECサイトでしっかり売上を出し、カスタマイズして規模を将来的に拡大していく場合は、最初からShopifyでスタートすることがおすすめです。サイト構築をする上で悩むことが多い項目として、「BASE・STORESなど無料でネットショップを作ったものの、機能が少なくカスタマイズができない」や「最新のデザインにできない」と言ったものがあります。
先述したように、ShopifyはBASE・STORESなど他のサービスよりも「ECサイト運営でできること」が多いというのが特徴でもあります。
また、料金や決済機能、サイト制作、集客といったこれら4つの観点からも、Shopifyがオススメである理由をお伝えしますね。

1.事業規模に合わせて「料金プラン」を選べる
2.「決済機能」がとにかく豊富
3.70種類を超えるテンプレートが用意されている
4.ブログやSNS連携など「集客」に役立つ機能が付属


❶ 事業規模に合わせて「料金プラン」を選べる

Shopifyは月額費用はかかるものの、初期費用は無料です。また月額費用も「ベーシック」「スタンダード」「プレミアム」の3つに分かれており、予算や事業規模に合わせて好きなものを選択できます。それぞれのプランの内容は以下のとおりです。

プラン名 特徴 オススメの人
ベーシック

(29ドル/月)

・基礎的なECサイトを作れる
・サイトデザインをテーマから選択可能
・スタッフアカウントを2つまで作成
・不正解析機能(Shopifyペイメント)
・133の通貨に対応
・小規模事業者

・ECサイト運営が初めて

・ランニングコストを抑えたい

スタンダード
(79ドル/月)
・ベーシックプランの全機能が含まれる
・スタッフアカウントは5つまで可能
・リピーター分析や国家単位分析などレポート機能の拡張
・リアル店舗を構えつつ

ECサイトで販路拡大したい
・複数の従業員を雇っている

プレミアム

(299ドル/月)

・月額料金は高額だが取引手数料は最安  (売上が大きい程お得)
・スタッフアカウントは15まで可能
・顧客流入経路の分析やGoogle広告からの流入分析など高度な分析が可能
・SEO対策など今まで以上に  「集客」に注力したい
・売上規模の大きい事業者

❷「決済機能」が充実!

Shopifyの大きな魅力のひとつに「決済機能の豊富さ」が挙げられます。

【Shopifyの決済方法】

クレジットカード決済 VISA、AMEX、JCB、MasterCard
携帯キャリア決済 docomo、au、SoftBank
コンビニ・銀行振込 「KOMOJU」の導入によって可能に
キャッシュレス決済 Apple Pay、Google Pay、Amazon Pay、PayPalなど
代金引換

クレジットカードはもちろん、携帯キャリアからキャッシュレス決済まで幅広い決済方法に対応しています。またShopifyでは、「KOMOJU」と呼ばれる決済収納代行会社を利用することで、コンビニ払いや銀行振込も可能です。その他にもクレジットカードと紐づけて決済をおこなう「Shopifyペイメント」と呼ばれる、Shopify独自のオンライン決済サービスも。同サービスを導入することで、取引手数料や入金手数料が「0円」になります。


❸ 70種類超のテンプレートが使える

Shopifyでは「サイト制作」も簡単にできます。通常ECサイトを始める際、プログラミングやデザインを実装してサイトを構築しなければなりません。一方、Shopifyには70種類を超えるテンプレートが用意されており、その中から好みのテンプレートを選ぶだけで、簡単にネットショップを開設できるのです。また、テンプレートは適宜修正できます。販売する商品のイメージに合わせたテンプレートを作ることで、より商品が魅力的に見えるようになり、売上アップにつながるでしょう。

プラットフォーム内には「Shopify app store」と呼ばれるアプリストアもあります。例えば、受注データおまとめアプリ請求書作成アプリ配送の一括管理アプリなど、「Shopifyと親和性の高いアプリ」をダウンロードすることが可能です。ストア内には2,200以上もの便利なアプリが存在しているため、開発コストを徹底的に押さえてECサイトが構築できます。


❹SNS&ブログ連携など「集客」に役立つ機能が付属

Shopifyには「集客」に役立つ機能が付属しています。特に注目したいのは「ブログ機能」と「SNSとの連携」です。ECサイトは基本的に「商品ページ」がメインになりますが、それだけでは訪問者は商品情報しか得ることができません。そこで「ブログ」を作成することで、商品ページでは載せられなかった「商品の誕生ストーリー」「開発者メッセージ」など、その商品のストーリーを発信していくことができるます。Shopifyでは、ストアの管理画面から「ブログ記事」をクリックするだけで、簡単にブログ作成ができてしまいます。
また「SNSとの連携力」が強い!というのも魅力の一つです。Shopifyは、特にFacebook・Instagramとの連携が充実。たとえばFacebookメッセンジャーを利用したチャット対応からショッピングカートへ誘導するなど、世界標準ならではのECサイトとしての機能が多く搭載されていますよ。


費用を抑えたECサイト運営はBASEがオススメ




続いては「BASE」の魅力について解説していきましょう。ECサイトがどんなものか費用を抑えて試してみたい!実店舗に加えて売上を少しでも増やしたい・・・といった場合には 無料ネットショップ開業【BASE】がおすすめです

・手数料はやや割高だが、初期費用と月額費用が0円
・後払い決済にも対応している
・アプリの拡張機能によって「34種類」の外貨に対応できる

1.初期費用と月額費用が0円
無料で今すぐネットショップが運営できる BASE は、取引手数料が3%、決済手数料も3.6%+40円と、他2サービスと比べて手数料がやや割高です。しかし「初期費用」と「月額費用」が完全無料になっています。また「後払い決済」にも対応。顧客は商品が届いた後に支払いができるため、気軽にショッピングを楽しめるようになるでしょう。

2.アプリを使えば34種類の外貨に対応
アプリの拡張機能を使えば外貨支払いも可能です。BASEでは合計34種類の外貨に対応できます。アメリカやヨーロッパ諸国、ロシア、インド、メキシコなどさまざまな国の通貨に対応できるため、海外進出したい事業者にはオススメです。またECサイトを作る際の「テンプレート」も多数。無料のものが10種類、有料では100種類以上を揃えているため、予算に合わせた自分好みのECサイトを作れるでしょう。


 結論、BASEは手数料こそ割高ですが、初期費用やテンプレートが無料で使えるため、「コストを抑えて商売をしたい小規模事業者」に向いているでしょう。


月商数十万円規模にはSTORESがオススメ




最後に「STORES」について解説します。月商数十万円規模のECサイトを運営を考えている場合は、STORESがおすすめです。

・無料・有料プランを選択可能
・有料プランにすると「決済手数料」が安くなる
・48種類の無料テンプレートを用意
・SNS連携で集客できる
・事業規模の大きい事業者にも対応している

1.有料プランにすると「決済手数料」が安くなる

STORESでは、無料プランと有料プラン(1,980円)のどちらかを選択可能です。有料プランにした場合、決済手数料が5→3.6%に下がるため、売上規模が大きくなったら有料プランに切り替えるのが良いでしょう。

サイト制作における「テンプレート」も48種類のテンプレートが無料で使えるため、サイトの雰囲気や販売する商品のテイストに合ったテンプレートを選べます。

2.SNS連携で集客できる

ページのタイトルやメタディスクリプションの設定ができないデメリットはありますが、SNSとの連携機能によってある程度はカバー可能です。ECサイトに各SNSのリンクを設定し、1クリックで各アカウントに飛べるようにすれば、顧客の「ファン化」にもつながるでしょう。

STORESは、無料版、有料版ともにサービスが充実しています。前述したように、ECサイトが初めての事業者は無料版を使い、売上が大きくなってきたら有料版を使うのがオススメ。事業規模に応じてプランを変更できるため、利益を最大化させやすいサービスといえるでしょう。




まとめ

いかがでしたでしょうか? Shopify・BASE・STORESを完全徹底解剖して比較してきました。

・ECサイトで売上を出し、事業規模拡大や越境ECもしていきたい人には
→Shopifyがオススメ

・手軽にECサイトを初めて様子を見たい人には
→BASEがオススメ

・月商数十万円の規模でECサイトを運営したい人には
→SORESがオススメ

本格的にECサイトの運営を考えている方は、Shopifyがオススメ。Shopifyの月額費用は「月額29ドル〜」と少々コストはかかるものの、決済手段や海外対応、WebマーケティングなどESサイト運営上必要となる幅広い領域をカバーしているため、ECサイト運営が初めての人でも安心して利用できるでしょう。売上が大きくなってきたらプランをアップグレードさせることも可能。Shopifyは、顧客ニーズに応えながらも、事業規模に合わせた最適なECサイトを制作できるサービスといえるのではないでしょうか。


関連記事

  1. Shopify登録から各種セットアップまで

  2. YouTubeでShopify集客アップ!

  3. Shopifyに商品動画を簡単に掲載する方法

  4. shopifyを理解しよう。

PAGE TOP