Instagram運用前の基本的な考え方

SNS(ソーシャルメディア)の一つ、Instagram(インスタグラム)の運用を始める前に抑えておくべきポイントは何か。基本的な考え方を知っておきましょう。

何を目的にInstagramを運用しますか?

SNS(ソーシャルメディア)で進化を遂げるInstagram。このInstagramのアカウント運用における目的には、①「認知度の向上」②「ブランド好感度の向上」③「購入意向の向上」などが挙げられます。自社のことやブランドが知られていないような場合は「認知度の向上」、既に多くの人に自社やブランドが知られている場合は「ブランド好感度の向上」など、自社や自社ブランドの状況・課題に合わせた目的設定を心がけるようにしましょう。目的をはっきりさせることで、アカウント運用の中で何に注力するべきかも見えてきます。もしもあなたの会社、サービスの目的が「認知度の向上」であるとすると、Instagram 広告を活用する、Instagramを利用したキャンペーンを企画するといった方法で成果を上げることができるようになります。

狙うターゲット層がInstagramユーザーに存在していますか?

Instagramのアカウント運用を始めるには、Instagramユーザーの中に自社や自社ブランドのターゲット属性に近いユーザーが存在しているか確認しておきましょう。ターゲット属性がマッチすることで拡散力のあるインスタグラマーとの接点も可能になります。近似性のあるユーザー属性に情報発信をすることができないと、そもそもコミュニケーションは成立しません。

出典:Instagramアプリの利用者数は前年から43%増加し1700万人を突破~ニールセンSNSの最新利用状況を発表~

利用者の内訳について、2017年9月にニールセンが発表したデータによると、2017年8月時点での男女構成比は女性が58%と男性を上回っています。また、年代別で見ると29歳以下が、性年代別では29歳以下の女性の利用者数が最も多くなっています。一方で、最も利用者数が少ないのは30代の男性です。

出典:Instagramアプリの利用者数は前年から43%増加し1700万人を突破~ニールセンSNSの最新利用状況を発表~
前年同月(2016年8月)の利用者数と比較すると、女性は50代以上が大きく増加して30代、40代にほぼ並んでおり、男性についても40代、50代以上が29歳以下と同程度増加していることから、高年齢層にも利用が拡大していると言えそうです。以上のデータと自社やブランドのターゲット層を照らし合わせ、Instagramのアカウント運用が自社やブランドにとって本当に価値があることなのかどうかを今一度見直しましょう。

Instagramに合うコンテンツが用意できていますか?

Instagramの特徴は、写真や動画などビジュアルが主体となるコンテンツで構成されているという点です。そのため、写真や動画といったビジュアル素材を継続的に用意でき発信することが前提になります。また、Instagramでフォロワーを増やすためには、写真や動画にある程度のクオリティと、企業独自のカラーや「美しい」、「かわいい」といった世界観の提供が求められます。そういった観点からすると、Instagramでのコンテンツ運用はアパレルや自動車などの有形商材に向いています。開設アカウント数や平均フォロワー数が多いのジャンルとしては、ファッション、メディア、食品・飲料、小売り、美容・化粧品などが挙げられます。

コンテンツの拡散性はまだまだ未知数なInstagram

Instagramは、Twitterや Facebookに比べてコンテンツの拡散性が劣ります。 TwitterやFacebookには個々のユーザーが気に入ったコンテンツをユーザー自身のフォロワーに向けてシェアする仕組みがありますが、Instagramには同様の仕組みがないためです。Instagramで自社アカウントのフォロワー以外にコンテンツを見てもらいアクセス数アップを狙うためには、画像や動画の内容に関連したハッシュ タグを付け、そのハッシュタグを検索したユーザーに、目に留めてもらうといったことが基本的な方法となります。数あるコンテンツの中から目に留めてもらうためにも、「インスタ映え」という言葉が定着しているように、いかにして発信するビジュアルコンテンツのクオリティを上げ、印象に残る独自の世界観を形成させ、そしてハッシュタグの付け方の工夫などがその運用に求められます。

外部サイトのリンクを貼れるのは一部のみ

Instagramでは、外部サイトへのリンクを貼ることができるのは唯一「ストーリーズ」や「プロフィール欄」のみです。投稿のキャプションにURLを書き込むことは可能ですが、リンクとしては機能しません。つまり、コンテンツから自社サイトへの誘導や、コンテンツに関連するキャンペーンサイトへの誘導には不向きです。ただし、2018年6月からは「ショッピング機能」が国内で導入され、コンテンツとして投稿された画像上の商品に、商品名や価格を記載したタグを付けることができるようになりました。気になる商品のタグをタップして詳細を閲覧し、詳細 ページ内のリンクから外部ECサイトに遷移して商品を購入することができます。この機能により、ECサイトを持つ企業のビジネスチャンスが大きく広がるっていくことが予測されます。

まとめ

・「認知度の向上」、「ブランド好感度の向上」、「購入意向の向上」など運用目的を明確にする
・Instagramユーザーの中に自社・ブランドのターゲット属性に合うユーザーが存在しているか確認する
・写真や動画のクオリティをアップさせ、自社独自のカラーや「美しい/かわいい」といった世界観を発信する
・ハッシュタグの付け方にも工夫をこらす
・「ショッピング機能」が国内でも導入され、外部サイトへのリンクが可能に。InstagramからECサイトへの遷移を活用する

Instagram(インスタグラム)の基礎に関する記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください