フェイスブック ビジネス(facebook business)の 作成手順

フェイスブック ビジネスとは

これからのビジネスにおけるネット集客にとって欠かすことができないであろうFacebook。Facebookページから直接ビジネス広告を作成し出稿することは、FacebookとInstagramの利用者にすばやく簡単にリーチできる方法の1つです。ただ、どの広告の種類があなたのビジネス、サービスに適しているか判断するのは容易ではありませんね。フェイスブック ビジネス(facebook business)には、どのようなオプションがあってどうやって広告を出していくのかそ【フェイスブック広告の作成手順】について説明します。

①広告の目的を選びましょう

まずは「何を目的に広告を出すのか?」を明確にしましょう。

【認知度アップを目的にする場合】
ブランドに関心を持つ可能性が高い人々に広告を表示することで、ブランド自体の認知度を向上させます。予算の範囲内で、ターゲット層の中の最大限の人々に広告を表示します。ビジネスの所在地の近隣にいる人々のみへのリーチを選択することもできます。

【トラフィックの獲得を目的にする場合】
ウェブサイト、アプリ、Messengerスレッドの利用者を増やし、そこで価値あるアクションをとってもらう可能性を高めます。
1.1 リンク広告がおススメです

【リードの獲得を目的にする場合】
ビジネスに関心を持ったユーザーたちが、簡単に詳細情報を得られるようにします。ニュースレターの購読やアプリ、自社サイトの利用を促進できます。
1.7 リード獲得広告がおススメです

【コンバージョンUPを目的にする場合】
利用者のウェブサイトやアプリでのアクションを促進します。購入、リード獲得、登録など、希望するコンバージョンの目的に合ったアクションを利用者にとってもらうことができます。

【来店数のUPを目的にする場合】
リアル店舗への来店を促進させ、店舗で利用者に価値あるアクションをとってもらうことで売上アップを図り、カスタマージャーニーにおけるオンラインとオフラインのショッピングの格差を減らします。

【カタログからの販売促進を目的にする場合】
最もユーザー嗜好と最も関連性の高い商品を自動でPRすることで在庫の動きを活性化します。カタログをアップロードしてキャンペーンを設定するだけで、適切なユーザー(購入者)に適切な商品が表示されます。
1.5 「ダイナミック広告」がおススメです

②ターゲット層を選びましょう

フェイスブック広告では、年齢、地域、その他の詳細など、全てのユーザーたちの登録情報を利用して、ターゲット層の特徴となる属性データ、趣味・関心、行動を選択します。
Facebookの「コアオーディエンス」を使用すると、わずか数クリックで、広告に最適なターゲット層を選択できます。ターゲットを絞り込む際の条件が年齢層、地域、趣味・関心、その他の条件のどれであっても、ビジネスに関心を示す可能性が最も高い人たちとつながるようFacebookがサポートしてくれるありがたいサービスです。コアオーディエンスはターゲット層の範囲を細かく調整できます。

①位置情報/ビジネスを展開したい都市、国、コミュニティに居住する人たちにリーチします。

②利用者データ/年齢、性別、学歴、交際ステータス、役職などに基づいてターゲット層を選択します。Facebookでは個人を特定できる情報に基づいて顧客にリーチすることは許可されていません。

③趣味・関心/オーガニック食品からアクション映画まで、広告でリーチしたい人の趣味・関心を選択します。

④行 動/購入行動、デバイスの利用状況など、さまざまなアクティビティに基づいてターゲット層を選択します。

⑤つながり/あなたのビジネスのFacebookページやイベントとつながっている人にリーチするか、反対にこういった人を除いて新しいターゲット層を見つけます。

③広告の掲載場所を決めましょう

目的とターゲット設定が決まったら次に、広告の掲載場所を決めていきます。Facebook、Instagram、Messenger、Audience Networkのいずれか、またはその全てを選べます。この段階では、広告を掲載するモバイルデバイスの種類を指定することも可能です。フェイスブックで新しい広告を作成する場合、最適なパフォーマンスが得られる可能性が高い場所に自動的に掲載するようにするか、広告を表示する場所を自分が手動で設定するか、どちらかを選択することができます。

④広告予算と掲載期間を決めましょう

1日の予算または通算予算と、広告を掲載する期間を入力します。予算を設定すれば、希望する額を超える予算が消化されることはないので安心して掲載ができます。Facebook、Instagram、Audience Networkで広告を購入する場合の最も一般的な方法は、Facebookの広告管理ツールである「広告マネージャ」を使って広告を購入します。広告を作成して広告オークションにかけると、広告を購入できます。

・予算は常にコントロールできます/予算と入札価格を決めます。広告費用が予算上限を上回ることはありません。

・低予算でも結果を出せる/広告は関心を持つ可能性が高い人に表示されるため、必ず成果が得られます。

・求めるアクションに対して支払う/インプレッションやコンバージョンなどから目的を選び、そのアクションに対してのみ料金を支払うから安心です。

⑤広告フォーマットを選びましょう

6種類の多機能な広告フォーマットからお好みのフォーマットを選びます。広告フォーマットはいずれも、すべてのデバイスと接続速度で問題なく表示されるように設計されています。広告でシングル画像やシングル動画を見せるか、複数の画像を使用できるフォーマットを使用するかを自由に選べます。

①写 真/写真広告は、魅力的な画像とコピーが使用できるすっきりとしたシンプルなフォーマットです。高品質の画像やイラストを使用してビジネスを紹介できます。

②動 画/映像、音、動きでストーリーを伝えられます。動画広告には、外出先でも気軽に見られる短いフィードベースの広告から、ソファに座ってじっくり見られる長い動画まで、さまざまな長さとスタイルが用意されています。

③ストーリー/Instagramストーリーズはフルスクリーンで表示されるカスタマイズ可能なフォーマットで、利用者をコンテンツに引き込むことができます。利用者の関心を刺激して、モバイルでのアクションを促しましょう。

④Messenger/Messenger広告を使うと利用者がビジネスとのスレッドを開始できます。インタラクティブな機能や自動機能を活用して、既存の顧客や潜在顧客と1対1のやり取りをしましょう。

⑤カルーセル広告/カルーセル広告を使うと、1つの広告で最大10の画像や動画を表示し、それぞれに別のリンクを付けられます。複数の製品を紹介することも、複数のカードを通して1つのブランドストーリーを伝えることもできます。

⑥スライドショー広告/スライドショー広告は、動画のように動きや音、テキストを使用できるフォーマットです。軽量なためデバイスや接続速度を問わず、スムーズにストーリーを伝えることができます。

⑦コレクション広告/コレクション広告は、ビジネスの製品やサービスを人々の目に触れさせ、紹介・購入してもらうことができるフォーマットです。ユーザーは広告をタップすると、特定の商品についての詳細を確認できます。読み込みが早いのでストレスを感じず閲覧することができます。

⑧プレイアブル広告/プレイアブル広告では、利用者がアプリをダウンロードする前にインタラクティブなプレビューを提供することができます。これにより、アプリの購入意向が高いユーザーを見つけることができます。

⑥準備が整ったら広告を注文しましょう

広告を注文すると、適切なターゲットに配信されるように、広告はFacebookの広告オークションにかけられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください