バンパー広告活用術

YouTubeの動画広告には次の5つの広告タイプがあることはみなさんご存知かと思います。

  • TrueViewインストリーム広告
  • TrueViewディスカバリー広告
  • バンパー広告
  • アウトストリーム広告
  • マストヘッド広告

これら数ある広告フォマットの中でも「動画コンテンツと同じ面に動画広告を出せる」ということから「TrueView広告」「バンパー広告」が特に利用されているのをご存知でしょうか。

バンパー広告ってどんな広告?

再生時間が6秒以内の動画広告を「バンパー広告」と呼んでいます。とてもシンプルで視聴者の印象に残るメッセージを駆使し、より多くのユーザーに訴求を行い、ブランド認知度を高めることを目指した活用が多いと言われています。

バンパー広告は、インストリーム広告と呼ばれる動画コンテンツと同じ面で配信をすることができ、デフォルトで「音声」がオンになっているというのが特徴となっています。

TrueView広告ってどんな広告?

では次に「TrueView広告」とはどういった広告フォーマットなのでしょうか?「TrueView広告」の配信面はバンパー広告と同じで動画コンテンツ上で表示する広告となります。それでは「TrueView広告」と「バンパー広告」の大きな違いは何なのでしょうか?それは「動画広告の長さ」になります。

TrueView広告には、動画視聴5秒後にスキップの選択が可能なスキッパブルとスキップできないノンスキッパブル広告があります。スキッパブル広告では動画広告の長さが15秒あるため、6秒しかない動画再生できないバンパー広告よりも訴求できる情報量が多いので一見するとTrueView広告の方がバンパー広告より効果的ではないか?と思われがちです。しかし、最近の動画広告マーケット全体で俯瞰して見ると、6秒以内の短い動画広告つまりバンパー広告のシェアの方が伸びているのです。

バンパー広告を活用するメリットは?

ではバンパー広告を出すことによってどのようなメリットがもたらされるのかみていきましょう。バンパー広告で特に効果が出るものとして次の2つが代表的な広告効果となります。

①広告想起率 ②ブランド認知度 この2点ですね。


①広告想起率の向上に寄与

広告において重要な指標となる「広告想起率」があります。

この広告想起率というのは、その広告を見たことがある、もしくは、見た気がすると回答した人の割合を示す数値です。このバンパー広告というのは「短い動画」ですが、視聴するユーザーに与えるインパクトはとても大きいとされています。

Googleが公開した報告(2019年)では、300以上のバンパー広告を調査した結果、90%以上の広告が通常の広告に比べて、広告想起率が高いと報告しています。このことからも、バンパー広告は視聴者に対して広告を覚えて欲しいと考えている企業には推奨される広告フォーマットと言えるでしょう。


②ブランド認知度の向上に寄与

バンパー広告はブランディングにも非常に効果的な広告手法と考えられています。Googleが発表した「Ads & Commerce Blog」(2017年)において、122件のバンパー広告を調査した結果、約70%という高い割合で企業のブランド認知度向上に寄与したとのレポートを出しています。

そのため、バンパー広告は広告想起率を高めたいと思う企業に加えて、ブランド認知度も高めていきたいと考えている企業にも推奨される広告施策と言われています。

効果的な6秒CM(バンパー広告)の制作ポイント

①ワンメッセージ・コンテンツにすること

15秒動画広告や30秒動画広告などは、商品の内容や訴求ポイントなどを複数盛り込んだ動画内容に仕上げることができます。一方で、6秒動画広告ではそれだけのことを6秒という時間の中で網羅しようとすると情報の多さに結果的に何を視聴者に伝えたいのかわからなくなるといった結果になってしまします。なので、バンパー広告を制作する上で最大のポイントは、1つのメッセージにフォーカスした映像内容を制作することになります。

1つに絞るべき訴求ポイントとしては例えば・・・
●商品(サービス)ロゴ、●商品(サービス)特徴(訴求ポイント)、●価格・・・など一番訴求したいものをどれか一つに絞り込みましょう。

訴求ポイントをワンメッセージに絞ることで、どのような動画内容にすればよいのか自然と絞られます。もしも、訴求したいメッセージが複数あるとすれば、訴求メッセージごとに動画内容を分けて制作することを推奨します。加えて、派手な画像や複雑な画像を動画内に多用すると、視聴ユーザーに混乱を来たす可能性があるため、使用する素材(映像・画像・フォントなど)もできるだけシンプルにするよう配慮して制作を行うようにしましょう。

②オープニングでビジュアルインパクトを!

バンパー広告はユーザーが見たい動画(YouTubeチャンネル)を視聴する前や視聴している最中に自動的に配信されます。なので、視聴ユーザーが能動的にバンパー広告を見ているというわけではないですね。つまり能動的にバンパー広告を見ていないということを大前提として動画をどのように作るかを考えていく必要が出てきます。動画からバンパー広告に切り替わった際、冒頭でビジュアルインパクトを与える映像や画像、タイトルなどを入れることで、視聴ユーザーがこの広告はどういった広告なのかと気になり、視聴者の注意喚起がしやすくなります。

それを入り口として、メインとして訴求したい内容(コンテンツ)をテンポよく放映していくことで、メッセージをより効果的に視聴者に伝えていくことができるようになります。さらに、効果的なバンパー広告の共通の特徴として、動画の最後に明確なメッセージや行動を促すフレーズを入れ込み、この広告は何を伝えたかったのか、わかりやすくまとめるようにしていることが挙げられます。

③シリーズ展開していく!

バンパー広告は限られた6秒というとても短い広告です。なので複数の種類の広告を作るのもそれほど手間がかかるわけではありません。複数種類のバンパー広告を制作し、多様な切り口から動画広告を配信することによって視聴ユーザーにより効果的に動画広告の配信をすることが可能となります。広告をシリーズ展開していくことで、視聴ユーザーに同じ動画広告を視聴させ飽きさせることを防ぎ、常に新鮮な広告を届けるというメリットがあるため、複数のバンパー広告動画を制作することも推奨されています。