SNSによる集客方法

自社サイトのオウンドメディア化による集客

私たちが当たり前のように手にして使っているスマートフォンや、ビジネスパーソンはもちろん、個人でも自宅でも使用されているパソコン。そう。誰もが自由に情報を手に入れることができるそんな時代です。そこで、ネットを活用した集客を考えるにあたってまず3つのメディアジャンルがあることを把握しておきましょう。

①オウンドメディア

オウンドメディアとは、ウェブサイトやブログ(CMS)等といったデジタル媒体、会社案内やカタログといった紙媒体など、自社で独自に所有するメディアのことをいいます。

アーンドメディア

アーンドメディアとは、FacebookやTwitter、Instagram、そしてLINEなどの拡散型メディアと呼ばれるものになります。これらをSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)とも呼ばれていますね。

ペイドメディア

私たちがよく目に触れているテレビCMをはじめ、Web広告や雑誌広告など、広告費をかけて自社商品やブランドの認知向上、販売促進などを行うものになります。ただしテレビCMや雑誌、新聞、交通広告など従来型メディアに広告を出して行こうとするとそれなりの規模の費用がかか流ため、資本力のある企業でないとなかなか継続的な展開ができません。


これら3つのメディアをトリプルメディアと呼び、これらを統合しそれぞれの強みを補完し合いながら有効に活用することで企業評価を高めていきます。そしてこれらの施策を有効的に実践していくことで、集客への相乗効果が期待できます。ネットの世界は日々情報量が増えつづけ、また技術の進歩がとても早く、それに伴って多様なコミュニケーション手段が試され使われています。

オウンドメディ化が必要なワケ

それではなぜ、オウンドメディア化の必要性が高まっているのでしょうか?その理由は大きく次の2つが挙げられます。

コンテンツマーケティングに時代は変化しているから

あまたく星の数ほど存在するホームページの中からユーザーに訪れてもらうことは、とても難しく各企業課題の一つです。単なる商品、サービス情報を伝えるだけではユーザーをつなぎとめることはできなくなってきています。ユーザー側から能動的にサイトに訪問してもらえるような「ユーザー視点」に重きを置いた情報提供を継続的に発信していくことでファン化していくことが求められます。ファン化するとは雑誌で例えるなら「熱心な愛読者」をつくることです。その「雑誌」にあたるのが自社メディアすなわちウェブサイトです。そのウェブサイトを熱心に好きで愛読してくれるように、ユーザー視点にたった有益なコンテンツ(記事)を発信していく流れに時代は変化していています。

SEO対策の変化

検索エンジンが上位表示する基準は、リンクだけに留まらず、コンテンツ(記事)の内容が大きく影響するようになりました。その結果、ユーザーが高く評価するコンテンツ(記事)を掲載すれば、検索エンジンが上位表示し、アクセス数もアップするというメリットが生まれます。すなわち、オウンドメディア化を図ることで、ユーザーが評価する記事、有益な記事を掲載することは、ユーザーを囲い込むだけでなく、SEO対策の充実化が行われ、その効果によってアクセスアップも期待できる状態になっていきます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。ウェブ上でビジネスを展開していくにあたって理解しておくべきポイントを概論的になところに限ってざっくりとお話ししてきました。

・自社の強みを記事コンテンツや動画コンテンツにしてコンテンツマーケティングで戦っていく

・自社発信型のオウンドメディアを活用してウェブコミュニケーション力を高めていく

・SNSをフルに活用した顧客創出とファン化と言ったSNS集客戦略を取り入れる

SNSのファン獲得施策のサービスはこちらの記事で紹介しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください