YouTubeのショートビデオ機能「YouTube Shorts」まとめ解説

YouTubeのショートビデオ機能「YouTube Shorts」まとめ解説

来るか?来るか?と噂されていたYouTube(ユーチューブ)のショートムービー機能「YouTube Shorts」についての情報を、まとめ解説していきます。

YouTube(ユーチューブ)は2020年9月14日(米国時間)に、「YouTube Shorts」というショートビデオの新機能を発表しました

展開にあたっては残念ながら私たち日本でのローンチはまだなのですが、まず先行してインドで展開されることになりました。この「YouTube Shorts」の機能ではどのようなことが可能なのか?そして私たちをどれくらい魅了してくれるものなのかについて見ていくことにしましょう。

皆さんもご存じの「TikTok」。この「TikTok」に非常に似た次のような機能が噂されています。

 

「YouTube Shorts」の各種機能について

「YouTube Shorts」には、①マルチセグメントカメラ、②速度コントロール、②タイマー、③カウントダウン機能など、様々な新しいクリエイターツールを実装させるということです。

ハンズフリーで録画できるタイマーとカウントダウンなどの機能を提供。録画に使える音楽ライブラリも用意しています。

例えば、最長で「15秒」という短いビデオクリップを簡単にアップロードできてしまうというものですね。今後も急増していくと予測される非常に膨大な量の音楽コンテンツ。これらが格納される音楽ライブラリーにもアクセスできるとYouTubeは謳っています。ですから、当然「YouTube Shorts」で作ったビデオクリップにそれらの音楽を取り込むこともできてしまうというわけですね。

マルチセグメントカメラ機能

マルチセグメントカメラ機能とは、ユーザーが複数のビデオクリップをつなげて1つのショートクリップにすることができるという機能です。

速度コントロール機能

スピードコントロール機能はというと、YouTuberは単に「撮影」のボタンを押すだけで、よりクリエイティブな動画をを制作できるという魅力的な機能です。

タイマー・カウントダウン機能

タイマー・カウントダウン機能とは、ハンズフリーの状態で録画できるいわゆるタイマー撮影を資料することができるという物です。

これらの実装機能はTikTokの動画などでよく使われているものに似ていますね。また、 Instagram(インスタグラム)がつい最近このTikTokの対抗サービスとしてスタートさせたReels(リール)という機能でも見られるものですね。

YouTube ShortsはAndroid(アンドロイド)のYouTubeアプリ内で利用できます。また、今後iOSにも順次拡大していくとか・・・。


YouTubeの発表によると、現在中国企業が所有している「TikTok」がすでに禁止されているインドで先行してYouTube Shortsを提供するとしています。我が国日本での展開も当然待ち望まれていますが、他の国々においても遅かれ早かれ使用可能となるでしょう。ただし残念ながら今のところ、まだその具体的な展開予定のエリア・時期などの内容は未公表です。

YouTube Shortsの提供にともない、YouTubeは「YouTube Shorts」を縦置き状態でスワイプできるという新たな楽しみ方も導入する予定だといいます。この縦置き状態でのスワイプ機能については、TikTokで提供されているのとほぼ同じスタイルのものといってよいでしょう。


YouTubeはすでにショートビデオを閲覧するためのページに改善を加えており、新たな動画鑑賞方法で様々な動画コンテンツをより利便性高く、より見やすくしたりといった工夫を凝らしていると言います。またアップされたショートビデオ作品の検索能力をより高めているなどとも発表しています。

当初、YouTubeはショートビデオ機能のテストを開始する計画を発表していました。しかし、その詳しい内容についてはほぼ全てと言ってようほどベールに包まれていました。そしてマルチセグメントカメラをグローバルで実験してき多様ですが、今回の発表で新たにわかったのは、音楽やスピードコントロール、タイマー、カウントダウンを使って撮影できるということです。

終わりに

繰り返しになりますが、YouTubeの発表では、まずはこれらの新機能がインドで使えるようになると発表しています。今後多くの国々でもアクセスを拡大して言ってくれることに期待しましょう。

 

YouTubeのショートビデオ機能「YouTube Shorts」まとめ解説” に対して1件のコメントがあります。

  1. TSUNAGUネットプロデュース/編集担当 TSUNAGUネットプロデュース/編集担当 より:

    YouTube Shorts待ちどうしい!

コメントは受け付けていません。