講座3|WPテーマ選び方

ウェブサイトやブログの作成でよく使われているソフトウェア「WordPress」
その中でも作成したWebサイトの顔ともいうべきサイトデザインそしてサイトの運営・更新に大きく影響するのが「テーマ」です。
「テーマ」は、Webサイトのデザインだけでなく、サイト全体の構成や骨組み、表示される機能まで反映されるといったものです。単純に見た目のデザインだけで選ぶと操作がしにくかったり、その後のメンテナンスが大変だったり、場合によってはセキュリティの面で危険なものもあります。この記事では、WordPressのテーマについての基礎知識からテーマ選びのポイント、変更時の注意点などをご紹介します。

WordPressの「テーマ」って何のこと?

WordPressの「テーマ」とは一体何を指すのでしょうか?初心者の方は特に疑問にもたれる方も多いかと思います。
前段で少し触れましたが、このWordPressの「テーマ」というのは、ウェブサイト全体のテンプレートのことを指しています。テーマは複数のファイルの集合体で構成されていて、デザインなどの構成要素が一式セットになっています。ですから、テーマを変更すれば複雑な処理を行うことなく、Webサイトのデザインや構成、機能などをいとも簡単に変更することができます。

この「テーマ」に含まれる複数のファイルは一般的に「テンプレートファイル」と呼ばれます。ページごとにファイルが分かれており、表示内容を決めることができます。WordPressの基本的なメインコンテンツは、「index.php(トップページ)」、「single.php(個別記事)」、「page.php(固定ページ)」、「search.php(検索結果)」、「archive.php(過去記事一覧)」などの「テンプレートファイル」を結合させることで構成されています。

では、「テーマ」を変更したい場合どうすれば良いのでしょうか?一般的には、ファイル一式を丸ごと入れ替える方法がありますが、それ以外にテンプレートファイルを組み合わせてカスタマイズすることもできます。

テーマは、インターネット上で無料ダウンロードできるものをはじめ、有料販売されているタイプもあります。初心者の方はまずは慣れることが何よりの上達への近道ですので、無理せず無料ダウンロードで使えるWordPressのテーマを使ってみることをオススメします。
よりウェブサイトの構成にこだわりたいという上級者の中には、自分で作成したテーマをアップロードして適用するといった人もいます。すごいですね・・・。

オススメの有料テーマ


① 圧倒的にSEOに強いWPテーマ【ザ・トール】

推奨テーマNO1|the thor



② 集客できるWordPressテーマなら「New Standard」まずは無料体験

推奨テーマN02|New Standard




③ 個人事業主・中小企業向けWordPressテーマ Emanon Business




④ 日本語対応高品質WordPressテーマ

テーマ変更前にコレだけは知っておこう

「テーマ」は簡単にウェブサイトのデザインを変更することができます。ですがテーマを実際に変更する前に必ず気を付けておきたい点についてまとめました。

●テーマは更新が必要

WordPress本体やプラグイン(プラグインに関しては別記事で紹介していきます)だけでなく、テーマにも更新があります。「テーマの更新」には、機能の追加・変更などの意外に、セキュリティの向上やバグといった不具合の修正なども含まれるため、常に最新の状態にアップデートしておくことが必須となります。アップデートの方法はワンクリックで完了するほど至って簡単ですので、アップデートのサインが表示されていれば必ずアップデートの実行をお忘れなく。

●重要!|更新するとカスタマイズは初期化しちゃうぞ

テーマを更新すると、カスタマイズは初期化してしまうということご存知でしたか?「えっ!恐ろしいことですよね!」これまで更新してきた記事内容、コンテンツの内容が初期化してしまうのです!コレは超恐怖ですよね!ということで、WordPressのテーマを更新する度にカスタマイズし直すのは手間がかかるということが分かります。ではどうすれば良いのでしょうか?それを解決する方法が「子テーマ」というものを作成して基本的にその「子テーマ」を使用してカスタマイズをかけていきます。これはWordPressのテーマを使用する場合ある意味常識でもあるので覚えておいておきましょう。「子テーマ」を使用することで、テーマのバージョンアップの度にいちいち設定し直すといった恐ろしい状況を回避することができるのです。ではその「子テーマ」とは一体何なのでしょうか?
「子テーマ」とは、WordPressのテーマ(親テーマ)に属した分身のようなもので、親テーマの機能やスタイルをそのまま引き継いで機能していくことができます。この「子テーマ」を操作してウェブサイトを構築していくということを知っておきましょう。
WordPressのテーマ(親テーマ)全体ではなく「子テーマ」にカスタマイズを加えておけば、テーマを更新した後もカスタマイズした状態をそのまま引き継いでいくことができるのです。

●まずは公式テーマからはじめてみましょう

インターネット上には数多くのテーマが配布されていますが、基本的にはWordPressの公式テーマをおすすめします。公式テーマはセキュリティの脆弱性を心配する必要がなく、使っている人が多いため情報が豊富で使い方がわかりやすいのが特徴です。WordPressを使って初めてウェブサイトを作ろうとしている方であれば、まずは「慣れること」を第一優先にして実戦していきましょう。しかし、中には「サイトがほかの人と似てしまうのが嫌!」という方は、有料版の「テーマ」を購入してデザイン性、機能性にランクアップすることもできますので、自分に合ったテーマ選び選びをしていってみましょう。

オススメの有料テーマ


① 国内最高峰の SEO 最適化 WP テーマ 【ザ・トール】



② 事業用WordPressテーマなら「New Standard」まずは無料体験




③ Web集客に特化したWordPressテーマ Emanon



④ WordPressテーマの決定版

テーマ選びのポイント

テーマを選ぶ際にはデザインを重視してしまいがちですが、単純にデザインだけで選んでしまうと、Webサイトを運営していく上で使い勝手やセキュリティに問題が生じる場合があります。見た目や価格以外にも確認すべきテーマ選びのポイントをご紹介します。

初心者は無料テーマ?それとも有料テーマ?どっちがいい?

さてこのテーマ選びで初心者がまず悩むのが、無料テーマが良いのか?それとも有料テーマが良いのか?という疑問が出てきませんか?初心者であればHTMLやCSSといった言語知識が全くない又は、あまりないといった方が多いかと思います。本気で「サイトやアフィリエイトをしっかり構築していきたい!」という意気込みがあるのであれば、最初から有料テーマを使用するというのがベストかと思います。その理由としてはこうです。カスタマイズが容易にできるだけでなく、収益化を図るための広告の設置や最適化もコードをいじることなくできるからです。もちろん最初は何事も自分で知る・学ぶことも大切ですが、「いかに時間を有効に活用できるか」という点に重点をおくことが収益を目指すことにおいて非常に重要になります。ですから、「時短」を手に入れるために有料テーマを最初から活用していくという視点は大事かもしれませんね。

|補足|あとからテーマ変更もできますが、互換性がない場合がほとんどなので意外と苦労するかと思います。であれば、最初から完成された有料テーマを使うのがベターではないでしょうか。

●レスポンシブデザイン

PCとスマートフォンの両方に対応したデザインのことを「レスポンシブデザイン」と言います。レスポンシブデザインのテーマを使うと、PCとスマートフォンのどちらで見ても見やすいように、ページのデザインを最適化して表示させることができます。最近では、モバイル端末からアクセスする人が増えており、スマートフォンに対応しているかどうかも、閲覧数を獲得する上で重要なポイントです。
レスポンシブデザインではないテーマの場合、「WPTouch Mobile Plugin」などモバイルフレンドリーに対応するプラグインの導入によってもスマートフォン対応にすることができますが、PCで表示した場合とサイトのイメージは異なってしまいます。

●カスタマイズしやすいかどうか

テーマをカスタマイズしたいと考えている人は、カスタマイズの方法がわかりやすいかどうかを確認しておきましょう。利用者が多い人気のテーマには、公式サイトや解説サイトが作られていたり、カスタマイズ方法などの情報が掲載されていたりすることもあります。初心者の方は、情報が豊富に掲載されている人気のテーマを選ぶとスムーズに作業が進められるでしょう。

●日本語対応かどうか

テーマは英語ベースのものが多いですが、日本語対応かどうかは重要なポイントです。Webサイトを作成する上で慣れない言語のツールを使うと、余計な工数がかかってしまいます。また、海外のテーマには日本語での情報が少ない上に、設定方法が複雑なものもあります。公式テーマの中には日本語対応のものが多く用意されているので、検討してみましょう。

●カラム数が調整できる

カラム数とは、Webサイトの中に設置されている列数のことです。Webサイトの目的や好みのデザインに応じて、カラム数は調整できたほうが良いでしょう。例えば、「2カラムレイアウト(カラムが2つ)」の場合、Webサイトの左右どちらかのサイドに記事のカテゴリや人気の記事ランキングなどのメニューが表示されます。ほかにも「シングルカラムレイアウト(サイドメニューなし)」、「3カラムレイアウト(カラムが3つ)」などがあります。

 

WordPressのテーマ変更時の注意点

テーマが決まっても、すぐに変更することはおすすめできません。変更するときに注意したい点や変更前にやっておくべきことを見ておきましょう。

●変更前にバックアップ

テーマを途中で変更するとレイアウトにズレが生じたり、再設定の必要が出てきたりする場合があります。万が一の場合に備えて、テーマを変更する前にはバックアップを取っておいたほうが良いでしょう。バックアップしたファイルは、自分のローカルPCに保存されますが、PCのデータが失われる危険性も考慮して、外付けHDDなどの外部メディアやオンラインストレージに保存しておくとより安全です。
リストア(復元)したいときは、保存していたバックアップファイルを使ってフォルダごとアップロードすれば元に戻すことができます。

●テーマの安全性を確認する

海外の無料テーマの中には、安全性に問題があるものもあります。セキュリティ上必要なコードが抜けていたり、意図的にマルウェアなどの危険なソースが含まれていたりする危険性も否定できません。最悪の場合、データの破壊や改ざん、情報流出、Webサイトの消失などのおそれがあります。インストールする前に、そのテーマの導入事例や信頼できる提供元かどうかを確認しておきましょう。
安全性を確認できない場合は、WordPress公式テーマから選ぶのが得策です。公式テーマには、WordPressの配布元による審査に通ったものしか提供されていないため、安心して使うことができます。

まとめ|目的・用途に合ったテーマで効果的なサイト構築を

WordPressはカスタマイズしやすいように、シンプルに設定されています。
テーマも膨大な数の中から選ぶことができ、使用するテーマが異なるだけで、全く違ったWebサイトが出来上がります。また、Webサイトは、テーマを変えるだけでも流入数やPV数などにも影響が出ます。
テーマの変更に慣れてきたら、機能性やデザイン性などをあなた好みのスタイルにカスタマイズしていき、より個性的なウェブサイトへと育てあげていきましょう。

ここ数年で有料のWordPressテーマは数多くリリースされてきました。しかし、ワードプレス使用者の中には初心者もいればベテランの人まで多岐に渡ります。そんな様々なユーザーが「テーマ選び」で悩むことも色々あるようです。
例えば次のような感じで・・・。

・SEOにいいと言われているテーマだけどデザインがイマイチ良くない。
・デザインは優れているけどSEOや各種機能面で問題があるなア。
・実装されている機能は優れているけどデザインやSEOが劣るんだよな〜。
・無料のテーマだとやっぱりあれやこれやとできないことで満足できないな〜。

殆どのテーマが良いところ・悪いところ、メリットやデメリットが混在しているというのが実情です。それぞれのユーザーの好みや使用用途などをカバーしてくれるオススメのテーマを紹介していきます。