富裕層が集う会員制WEBメディア6選

富裕層が集う会員制WEBメディア6選

さて、本記事では「富裕層と呼ばれる人たちは、情報をどこから仕入れ、そしてビジネスや生活に活かしているのか?」をテーマにした記事になります。彼らが普段から利用しているWEBメディア(webサイト)にフォーカスをあてて、それらがどのようなものなのかについて記していきたいと思います。
まずはじめに総論としてですが、この「富裕層の人たち」は私たちが考えている以上にクローズドで、且つ彼らの属するグループ内における口コミや情報交換等で行動する傾向が高いといわれていることを理解しておきましょう。これらを踏まえたうえで日頃彼らがアクセスしている会員制のWEBサイトを読み解くことで、富裕層の人たちの行動心理などを理解していきましょう。そして、この記事をご覧いただいている皆様が「富裕層をターゲットにしたビジネス活動」へのヒントとして活用してみてください。

東京アメリカンクラブ

まず初めに取り上げるのが、東京アメリカンクラブ(Tokyo American Club )と呼ばれる国際色豊かな超富裕層たちで構成されるプライベートクラブです。東京都港区麻布台に拠点を構える日本の会員制社交クラブです。略称TACともよばれています 。当初は社団法人であったが、2012年に一般社団法人へ刷新。この東京アメリカンクラブ(Tokyo American Club )の会員は、高額所得者(会員比率:日本人50%、米国籍40%、その他外国人10%)で構成されています。1928年にプレミア会員制クラブとして東京の国際的な中心地、港区麻布台に設立され、社交、学び、ビジネス、国際交流、そしてネットワーク作りの場として活用されています。会員の約8割がご家族をお持ちで、大多数が金融、メディア、IT企業等の取締役、在日駐在員、シニアエグゼクティブ、ビジネスオーナーで構成されています。因みに、日本の芸能人でいえば、長嶋茂雄さん、高倉健さん、千葉真一さん、黒木メイサさん、石橋貴明さんなども会員が多数いるといわれています。

・入会金|350万 ・月会費|2.2万/人

これらの「超」が付く会員制クラブの会員へのリーチを図るためのプロモーションメニューも豊富に用意されているのも特徴的で、大きく分けて次の2つになります。

  1. 港区麻布台にあるクラブハウス内でのイベントの実施
  2. INTOUCHと呼ばれる高級な会員雑誌への掲載

外国人の会員も半数近く在籍しているため、企画次第では魅力的なキャンペーンも展開が可能でしょう。

東京アメリカンクラブに関する関連記事はコチラから

東京アメリカンクラブの会員誌に関する媒体資料はコチラから

東京アメリカンクラブ公式サイト

YUCASEE(ゆかし)

二つ目に取り上げるのが、「 YUCASEE(ゆかし) 」と呼ばれるこちらも超VIPを対象としたオンライン・プライベートクラブです。このYUCASEE(ゆかし)、純金融資産が1億円以上の方のみしか入会できないオンライン上のプライベートクラブという位置づけで運営されています。但し明確な入会審査基準は非公開となっています。また、この限定サイト内では「富裕層が自然体でふるまえる空間を創造し、希少な情報、貴重な人脈、社会貢献への機会など、お金で買えない価値を提供します。」とも謳っています。この会員同士のオンライン上での口コミ、情報交換により会員の生活をより充実させるために有効なサイトといえます。入会時にはもちろん厳密な入会審査があり、勤務先をはじめ資産状況等を知らせる必要があります。そうすることで、会員のクオリティを維持し、安心して利用してもらうことができるのです。

資産運用はもちろん、不動産、そして教育に関すること、その他ライフスタイル、グルメといった日常生活に密着した高品質な情報をラインナップして提供しています。

これらのカテゴリ―他、多種多様なジャンルにおける最新の情報が掲載されています。入会することで、自分と同じ富裕層の立場にある人たちのリアルな口コミ、レビューを知ることができるというのは大変に有意義ですね。
さらに、会員限定のパーティーやイベントのお知らせなどもあり、オフラインで人脈を広げるというタッチポイントを利用できるという魅力も人気の一つのようです。

入会金・年会費|無料

この会員制クラブ、YUCASEE(ゆかし)は、多くの企業の広告費によって運営されているため、会員は「入会金・年会費」を払うことなく入会できるといった仕組みです。

YUCASEE公式サイト

但し、このプライベートクラブが運営しているWEBサイトには当然一般の方は入ることができません。

ASMALLWORLD

2004年に設立されたオンラインソーシャルネットワークで、国を超えたつながりを持てる富裕層向けサイトです。
年会費として110ドルor85ユーロor75ポンドが必要ですが、ホテルのサービスがグレードアップ、または無料でサービスが受けられるなど、それに見合うさまざまな特典が付与されます。
入会についてはエリート層に絞り込まれ、会員の推薦が必要で、一般の人々からは閉ざされた米国のコミュニティーなのです。

入会すると会員同士で、ヨットやジェット機、高級ブランドの時計などの高額な物の売買ができるのもこのサイトの特徴といえます。また、このサイトでも会員限定のパーティーが開催されていて、富裕層同士のコネクションの拡大や、情報交換にも役立つサイトとして位置付けされています。

ASMALLWORLD公式サイト

WEB-NILE

株式会社ナイルスコミュニケーションズが運営する富裕層向けのSNSになります。「人が経済的にも精神的にも豊かに生きる」ために必要なジャンルすべてをカバーしています。しかも、本質をとらえ含蓄にあふれた記事と、他誌を圧倒する美しいビジュアルが特徴のWEBサイトであると言えます。ユーザーに対してワンランク上の楽しみや、喜びなどを提供しています。

会社経営者、会社役員、医師、弁護士といった層の人たちを中心とした、オピニオンリーダーを限定とした総合情報メディアです。富裕者の方々が安心、かつ楽しくコミュニティ・ウェブサイトを利用できるよう、会員審査基準を設けています。
審査によってはご希望に沿いかねることもあるとのことです。

WEB-NILE公式サイト

 

ENRICH

このサイトは、富裕層はもちろん、富裕層に加わりたい人にも非常に役に立つ内容が満載というのが特徴的です。富裕層のマインド、価値観、戦術など富裕層を目指す人にとって、知っておきたい情報がとても充実しています。加えて、実際に富裕層に属す人にとっても有用な情報が豊富で、幅広い層にオススメしたいサイトではないでしょうか。このサイトは閲覧やメールマガジンの登録についても特に制限や条件がないのが非常にユニークでありがたい存在ではないでしょうか。富裕層を意識し始めた方には、一度活用してみてはどうかと思います。

ENRICH公式サイト

 

5.Terrace

Terraceは、入会に条件を設けているオンライン上の会員制クラブという位置付けで、入会に関しては以下の条件を設けています。

  1. 規約に沿った会員活動をして頂ける身元確かな方。
  2. 公序良俗に反する問題行為等をされた事のない方。
  3. 外国人の方は日常会話程度の日本語力をお持ちの方。
  4. 会社経営者又はそれに準ずる満27歳以上の方で、現会員様からのご紹介・ご推薦書をお持ちの方。弊社審査基準による。

また、このサイトにおいて、スタンダード会員とVIP会員の2種類のコースがあり、入会金が異なっています。
年会費は無料です。

スタンダード会員:450,000円
VIP会員:600,000円

入会することで、高級ホテルのスイートルームの利用料金が最大で50%割引になる他、ステイタスの象徴であるプライベートジェット機の利用も通常よりも格安で利用できるようになります。
また、船上パーティープランの提案や、たしなみを身につけるためのレッスン、資格取得のためのセミナーなど、今よりさらに文化的、知的な生活を得るためのサービスも充実しているのも魅力です。
医療面でも、セカンドオピニオン医師の紹介や、人間ドックや健康診断、メンタルケア、ダイエット指導、健康向上プログラムなどを会員価格で提案、提供してもらえるとのこと。
もちろん、会員同士の交流を深めるパーティーやイベントを定期的に開催しており、近い志を持った友人・仲間と出会えたり、有益な情報を共有することでさらに輝かしいライフスタイルを構築することが可能になります。

Terrace公式サイト

 

まとめ

ザッとピックアップしてきたこれら富裕層会員クラブの特色は、いかがでしたでしょうか。

このように、どのウェブサイトも所定の条件を設けているため、入会の条件をクリアしなければ、この情報、サービスを取得することはできないということですね。しかし、入会することができれば、さらなる人生の飛躍につながる機会が増えてい苦ことに寄与することでしょう。