人脈を活かした新しい副業のカタチ

人脈を活かした新しい副業のお話し

さて、この記事ではインターネットを活用したオンラインとオフラインの融合で形成される新しい「副業起業」の新しいカタチを紹介していきます。昨今「働き方改革」とか「副業 サラリーマン」、はたまた「スマホで副業」といった言葉で副業解禁を助長させる言葉がネット上でもニュースでもよく目に触れるようになってきましたね。この記事では、サラリーマンでも本業を続けながら取り組める「副業起業」という新しい副業スタイルについてお伝えしていきます。その内容はというと、他社の事業に役立つ手伝いができるといったとても貢献度が高くしかも報酬ボリュームもアッパーであることがその魅力として挙げられます。「ちょっと副業始めたいな」「起業に備えて今から実利を伴った何か活動に取り組見たい!」そのような方にぜひ知っておいていただきたい内容になっています。この記事を読み終えたあなたは、「私でも出来そう!」なんて思ってもらえると幸いです。では本題にまいりましょう。


潜在的な起業意識“隠れ起業意識”は高い

先ずはじめに、中小企業庁の調査発表によるデータを見てみましょう。

日本人の起業意識を聴取したところ「12.6%」にとどまっていて、「既に副業している」と答えた8.6%を除く、約78.8%の方が興味をしめさないという結果となりました。しかし、回答者の中から起業に関心のない「起業無関心者」250名を選抜し、会社を辞めずに起業する「副業起業」の意向を聴取したところ、37.6%、約4割近くの方が「興味あり」と回答しました。「副業」ワードが入ることで、心理的な障壁が軽減されると考えられ、潜在的な起業意識“隠れ起業意識”は高いという結果となりました。

参考資料|中小企業庁より

少しずつではありますが、多様な働き方が世の中に認知されてきているのではと考えます・・・と発表されています。●中小企業庁「副業起業」に関する意識調査結果はこちらをご覧ください

副業を考えている人の心理として、「会社にバレないならやってみてもいいかも」とか、「在宅でなら副業はできそう・・・」という人が多いかと思います。これからお話しする副業は、「営業サポート」という分野においての会社にバレないで正々堂々と本業の延長線上で取り組める副業スタイルといっても良いかもしれません。営業と聞けば皆さんどんなイメージを持たれますか?ひと昔前では(今でも存在していますが)、飛び込み営業で個人のお客様宅やクライアント企業を訪問して回ったりといった、フィールドセールスが主流でした。しかし、こういった営業手法はウェブ環境の進化とともに姿を消しつつあります。今ではインサイドセールスなど電話、メルマガ、インターネットを活用して、自社のサービスや商品に関心を持つユーザーから問い合わせをさせるような仕組みをセールスに導入している企業も当たり前のようになってきました。しかしながら、実際に商談に結びつくケース、成約に結びつくケースというのはほんの数%程度と言われています。

※インサイドセールスとは、マーケティング・営業プロセスの一貫で、多くの見込み顧客の中から成約の確度を見極め、受注に繋がりそうな見込みの高いリードを営業に流す一方で、見込みの低いリードに対しては、成約の可能性が高まるまで適宜電話やEメールなど非対面でコミュニケーションを取りながらつなぎとめる、もしくは、既存顧客に対して次回購入や追加提案の可能性が高まるまで、営業担当者に代わって継続してフォローしていくといった取り組みなどを指すもの。

商談成功の確率の高い見込み顧客をいかにして獲得していくかという点は、営業担当にとって、そして企業体そのものにとっての最重要課題であると言えます。それは今も昔も変わらない不変のテーマです。

セールスハブという新しい副業プラットフォーム

そこで、常に変化し続けている営業活動に対応するために新たにローンチされたサービスがあります。それが saleshub|セールスハブと呼ばれるもので、このサービスはネットとリアルで展開していくセールスマッチングサービスです。このsaleshub|セールスハブというサービスを簡単にいうと、「顧客を獲得したい企業側と顧客を案内する事が可能なサポーターと呼ばれる個人をマッチングさせる」ためのプラットフォームというわけです。

ビジネスマンのための気軽な副業サービス【Saleshub(セールスハブ)】

セールスハブの特徴って何?

このサービスを活用することによって、どのようなメリットを享受することが可能になるのかを見てみましょう。以下の4つのポイントになるかと思います。

●本業を続けながら他社の事業に関わりサポートできる

●成果ポイントが「商談アポのセッティングだけ」で「協力金」が獲得できるので、取り組みやすい
●他社の営業をサポートすることで経験の幅が広がること

●大手企業や急成長中のスタートアップ企業の営業に関われる →13,000社を超える企業が利用中です

商談アポのセッティングだけで高収入!副業するなら「Saleshub」

セールスハブには、どんな人が向いているの?

では、このような特徴を持つプラットフォームサービスを活かして活躍できる人とは、どういった人が考えられるのでしょうか。次に挙げる人に当てはまる方であれば誰でも参加出来そうですね。

●本業をビジネスパーソンとして活躍している人
●もっと違う企業の事業に関わりたいと考えている人
●副業・複業に興味・関心を持っている人
●人脈、人とののつながりを沢山持っている人
●企業コンサルタントをしている人たちなど

いかがですか?
あなたもこれらのどれか一つでも当てはまるものはあったでしょうか?それでは、次にこの「saleshub|セールスハブ」を利用した場合に具体的に行われる流れと、その仕組みがどうなっているのかを見ていきましょう。

セールスハブ活用までの流れはどうなっている?

では、この saleshub|セールスハブ を活用していくためにはどのようなステップで進めていくのか、その仕組みを紹介していきます。

STEP1) 

まず最初に「サポーター」と呼ばれる「ユーザー登録」を行いましょう。

STEP2) 

「ユーザー登録」が完了したら、次にどんな企業がどのような案件をエントリーしているかを探していきます。

次に登録されている企業案件の中から、あなたが知り合いのクライアントを紹介出来そうな案件があれば、下記の「サポーターになる」というこのようなボタンをクリックして、まずはその企業のサポーターとしてエントリーしていきます。

STEP3) 

あなたが知り合いのクライアントを紹介出来そうな案件が出てきたら、それに対して「知り合いがいる!」と応募していきます。

STEP4) 

あなたが応募したその企業から返信がくれば、案件内容に基づいてオンライン上でのメッセージのやり取りまたは実際に会っての事前打ち合わせなどを行なっていきます。

(オンライン上での双方のやり取りだけでも問題はありませんが、基本的にはオファーを出したあなたとたオファーを受け企業担当者が実際に会って事前打ち合わせを行うことが商談成立の角度を高める要素となるため推奨されています)

STEP5) 

最終ステップの段階として、あなたがオファーを出したクライアント企業への営業を実際に支援していく「紹介活動」という行動に入っていきます。

ざっとこのような流れになります。

「サポーター」を募集している企業は、自社がどのような事業や案件を行なっていて、どのような部署に所属している人を求めているのかを書いて募集を公開しています。

この saleshub|セールスハブ に投稿されている内容を見た「サポーター」の方が条件に合いそうな営業先(すでにあなたが持っているコネクションなど)を考慮して企業に対して提案を行なっていきます。あなたがオファーした企業が売り込みたい商材、サービスの提案を成立させる事ができれば、サポーターであるあなたに対して紹介フィーとしての報酬が支払われるという仕組みになります。



セールスハブを利用するメリットは?

紹介する側である「サポーター」としてのメリットはというと、自分の持っている人的コネクションの中で当たりやすい案件を簡単に探せるということ。またアポイントのセッティングだけでも報酬が貰えるということです。そして最後に「セールスハブ」というプラットフォームに守られるので、案件を飛ばされるとう危険性がないということ。これら3点が挙げられます。次に、このサービスに登録している企業側としてのメリットとしてはこうです。完全な成果報酬制で「サポーター」の紹介協力が仰げるとう点。そして社内メンバー以外のターゲットと濃い関係を持っている人脈を繋がることが出来て彼らを活用することができるというこの2点が挙げられます。
紹介する側、紹介される側がお互いに Win-Win の関係で作用していることが伺えますね。

賢い人ははじめてる。ビジネスマンのための副業サービス【Saleshub(セールスハブ)】

では、どれくらい稼げるのか?

では、最も機になる紹介報酬がくらクライアのか知りたいですよね。その前に、参加エントリーを完了した人全員がサポーターになる事ができるわけではありません。セールスハブが定めている審査をクリアした人が登録されている企業に向けて顧客(あなたと繋がりのある企業や人材)が提案できるようになるのです。無事に登録が完了して紹介から初回面談まで成立することによってあなたの収益が得られることになります。あなたの普段のサラリーマンとしての仕事の活動意外で、副業としてまたさらなる人的ネットワークの拡充といった意味であなたの特性を育てていくことに繋がるかと思います。

実際にこのセールスハブのサービスを利用して、1案件で150万円も稼いだというサポーターがいると話題にもなっています。やることは商談アポのセッティングだけ。ビジネスマンの新しい副業【Saleshub(セールスハブ)】 は、あなたでも十分取り組めるフィールドではないでしょうか。

セールスハブへの登録方法

それでは、この saleshub|セールスハブ への登録方法を紹介していきましょう。

こちらの saleshub公式サイトにアクセスすることからはじめましょう↓


▶︎ このバナーからアクセスして「Facebookで無料登録」をクリックします。

▶︎ その後表示される「登録フォーム」にある必須項目全てに入力していきます。

▶︎ 登録も、Facebookを使って簡単スピーディに登録が出来てしまいます。

▶︎ Facebook 連携してから、自分の肩書や会社名などを入力して、6項目程度埋めたら、確認メールを送ってもらいます。

▶︎ これで、登録完了となります。

※ Facebook の友人に勝手にシェアされたりするのでは?と不安に思う方もいるかとは思いますが、全然そんなことはないので安心して登録が出来ます。

▶︎ 登録完了後、すぐに登録されている多くの紹介依頼案件をチェックすることができますよ。

▶︎ 他のサービスのように、例えば「運転免許証」や「マイナンバーカード」などといった個人情報に関する書類の提出義務も一切必要ありません。

企業とのマッチングの仕組みなどはランサーズやクラウドワークスといったマッチングサービスによく似ていますね。

このように、いろんな案件がすでに並んでいるので、一度登録してみてみるといいでしょう。

副業は初めてという方であれば当然「お金をかけずに稼ぎたい!」と思うのは当然ですよね。初期費用をかけずに副業をはじめるなら「Saleshub」に登録して取り組むのという選択は良いかもしれません。

セールスハブ|まとめ

saleshub|セールスハブというビジネスマッチングサービスを通して、企業側は営業活動がより効率的に行うことができ、またサポーター側は自分の人脈をフルに仕事に活用できるようになります。これまでの企業側そしてサポーター側から受けている数多くの高い満足度から事前登録段階で何と130社を軽く突破している人気サービスです。これからの「副業」・「複業」推進時代において、今後はますますセールスハブが多くのユーザーから指示されそして活用されていくことになるのではないでしょうか。運営側のセールスハブとしては、まだまだサポーター募集に力を入れているようなので、今がエントリー時ではないでしょうか。
「気になるな!」と思ったあなた、早めに登録をおすすめします。下記バナーからエントリー出来ますよ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください